柳井正の名言|会社とは経営者そのもの。

会社とは経営者そのもの。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

残業とは不適切な経営の産物です。残業という「欠陥」が出ているということは、リーダーのマネジメントに改善すべき点が必ずあるはず。リーダーはみずからの能力不足を、残業というかたちで従業員に負わせているということを自覚すべきでしょう。意思決定プロセスをはじめ、効率化できる余地はたくさん残されています。

ロッシェル・カップの名言|リーダーはみずからの能力不足を、残業というかたちで従業員に負わせているということを自覚すべき


「1×100=100×1」。ひとつの世界を100突き詰めるのがプロだが、自分のように広く浅く、1を100持てば同じではないか。

中村貞裕の名言|1×100=100×1


メディアとはたんにあらゆる種類のコンテンツを意味するに過ぎない。メディアが社会に与える影響をはかるなら、それぞれのメディアに人々が費やす時間の長さを見るのが一番だ。

クリス・アンダーソンの名言|メディアが社会に与える影響をはかるなら、それぞれのメディアに人々が費やす時間の長さを見るのが一番


鉄道各社間の競争によって国民の利益が守られるといったあり得ない考え方は、50年前に捨て去るべきだった。
【覚書き|寡占・独占を得意とするモルガンにとって自由競争は受け入れられない戦い方だった。また当時強烈な価格競争で鉄道各社が大幅な利益減になっていた。倒産する会社も多くあった】

J・P・モルガンの名言・格言|過度な自由競争は市場を荒廃させる


発想は伝えられた途端、受け手のものである。ゴッホであろうがレディ・ガガであろうがいらないものはいらないし、歴史的には無意味な発想も受け手が選択すれば生き残る。

山本高史の名言|無意味な発想も受け手が選択すれば生き残る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ