孫正義の名言|打って出なければ攻め込まれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

好むと好まないにかかわらず、常に世界を意識して、打って出なければ攻め込まれる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スケジュールシートを定期的に見直して、仕事にかかった時間を調べています。それを参考にすることで、より正確なスケジュールを立てることができます。

いまは情報が氾濫している時代です。望まなくても情報は飛び込んできますし、知りたい情報もインターネットですぐに手に入ります。私はこういった類の情報を「知識情報」と呼んでいます。これに対して、自分が歩いて、見て、聞いて、感じたことは「皮膚情報」と区別しています。私どもは小売業ですから、売り場で感じた雰囲気などは極めて重要な情報になります。

近所の神社のお守りつを常に持ち歩いています。自分は小さい存在だということを忘れないように、毎朝、神棚に手を合わせています。

変革を成功させるには、優秀なリーダーは必ずしも必要ではなく、リーダーをも動かしてしまうフォロワーシップ、つまり下から上へのリーダーシップを発揮するメンバーがいるかいないかがキーになる。

即断即決は危うい。目先の機会に飛びつくのは直感の要素が強く、データをじっくり検討する方が実は合理的。

相方の(内海)好江ちゃんとギクシャクしていたとき、マセキ芸能社の社長とリーガル万吉師匠が「時の氏神様」になってくれ、仲を取り持ってくれたんです。そこで「コンビ永続法」を教えてもらいました。その中に「相手の立場でまず動く」という言葉がありました。相手のことを見て配慮して、先回りして動いてあげる……。確かに、それぐらいでちょうどいいのよ。舞台ではお客様の様子を見て、相方を考える。あたしと相方とお客様。三角形で話すのが漫才。最近の子はお客様を無視して2人で話しているのは困るわね。

東京がこれ以上の発展をしていくためにも、地方が元気にならなかったら東京も元気になりませんよ。地方創生が何も東京からゼロサムで何かを持っていくという話ではなくて、地方が元気になれば、東京も元気になる。そういう考えで、それぞれができることから始めていけばいいと思います。

誰しも自分が生まれた場所への誇りは持っていると思いますが、僕はそれが人一倍強くて押しつけがましいほどなんです。ただ、北海道の仕事を続けているのは、地元愛というより、単純に面白いからですね。
【覚書き|北海道を拠点に仕事を続けていることについて語った言葉】

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。

相手ができもしない大風呂敷を広げてきたとき、それを見抜くためにも、相手がどこまでのカードを切れる権限を持っているのか、しっかり見極めなければならない。

ページの先頭へ