孫正義の名言|無理難題を体験すればするほど底力がついてくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、無理難題を体験すればするほど底力がついてくる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分を成長させてくれるのは、「お前だったら大丈夫」と言ってくれる安心屋と「このままじゃ駄目になるぞ」と言ってくれる緊張屋の2タイプです。

ビジネスの中では必ず、大勝負をしなければいけない場面がやってくる。

消費者を驚かせるような新商品を出し、消費者の関心をグイッと引き寄せて爆発的にヒットさせる。それだけでは儲からないんです。消費者の認知を集めるために、大きなプロモーションコストがかかるからです。じゃあなぜ奇抜な商品を出し続けるのか、それはその集客力でキャッシュカウを育み続けるためです。爆発的なヒットはありませんが、確固たるブランドを持ち、広告宣伝のためのコストをかけずとも安定して売れ続ける、営業利益率が高い商品。それがキャッシュカウです。うちの商品でいえば、ビッグマックがそれにあたります。

私の知るかぎり、医学的、科学的見地から長時間働くことで効率が上がるという証拠は皆無です。誰もが実感しているとおり、人間は疲れると効率が下がるものです。私もそうですが、集中力なんてせいぜい2時間が限度。そのことをまず理解しなくてはいけません。

コミュニケーションは人によって大きくスタイルが違います。ですから、まずは自分が得意なスタイルを見つけ、それをとことん磨いていくことが大切です。

今回は経営体質の変更ですから、完全なトップダウンでした。分社化の大きな狙いですが、社員には「大きな財布」と「小さな財布」と言っています。「大きな財布」というのは、わが社は既にグループとして150社くらいあり、連単倍率で単体よりだいたい3倍くらい利益が拡大する。その大きな財布を使って、グループの問題をグループ全員の力を結集して解決してきました。今回私がやろうとしていることは、その環境を大きく変えることです。今後、それぞれの10いくつに分かれた持ち株会社は財布も小さくなりますから、それだけ自分の会社がどういうお客さまを対象として、どういうビジネスで成り立っているかを真剣に考え、そのマーケットを深めていきます。そうしないと生きられない。そういう意味での厳しさがどんどん出てくるということです。持ち株会社を作った最大の理由は、マーケットがどんどん分裂していって、細かいマーケットの集合体に変わった。だったらそれぞれのマーケットごとの事業体を無数に起こしていくしかない。そういう考え方です。

周囲の誰もが「なるほど、あの人なら」という人材を、積極的に登用しました。私は会社の人事はできる限り公平にすべきだと考えています。人間はどうしても、「好き嫌いで人事をやっている」と思ってしまいがちです。ですから極力それを排除し、きちんとやった人が遇される環境を作りました。その人がどれだけ企業に貢献したかに尽きる。

ページの先頭へ