孫正義の名言|強い執念が大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり執念ですね。なにがなんでもと大きくしたいという強い執念が大切だと思います。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業を存続させるためには、人を大事にし、その人の能力を引き出していくことが大事。

我々経営者は、現場にどれだけ自分が関わっているのかを、もう一度しっかり見つめ直してみる必要がある。

日本のスーパーとしては異例のローコスト体質を維持していますが、現場の従業員には「必死で経費を削っている」という後ろ向きの感覚はないと思います。たいていのスーパーよりも店舗にカネをかけていますし、賃金も業界水準より高いからです。その分「高品質・エブリデー・ロープライス(毎日低価格)」という基本方針をもとでシステム化を進め、経費を最小化しているのです。

挨拶の仕方や起床時間、会話の内容やランチの店など、できる先輩がなぜそのような行動をしているのか、それがどう仕事に影響しているのか。そう意識しながら先輩を真似ていくと、たとえば歯の浮くようなお愛想が、実は人間関係に役立っていたりと、予期せぬ因果関係に気づくはずです。一挙手一投足を真似することで、自分に足りないものが実感としてつかめてくるのです。

上司に企画を提案する時は、2度突っぱねられてもまた提案する。それくらいでないといけない。大体、管理職は経験を基に、より安全な道を選ぶ。斬新な企画を1回で通す上司など、大企業にはまずいない。跳ね返されると自分の企画に改良の余地があることが見えてくるもの。再度、ブラッシュアップするんです。

私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。

気分がどうのこうのといって、何になりますか。ぐずぐずしている人間に気分なんか湧きはしません。今日できないようなら、明日も駄目です。一日だって、無駄に過ごしてはいけません。

ページの先頭へ