孫正義の名言|本当に底力がないと長くは続かない

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々の業界では、たまたまある技術を当てて、時代の流れでひのき舞台に上がった経営者もいますが、本当に底力がないと長くは続きません。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長をお引き受けする時には、一度頭を真っ白にして取り組むことにしました。「白紙」にしない限りは、そこから何も生まれない、既成概念を取り払わなければ新しいことができないと感じたからです。

新規事業が成功するかどうかは、失敗の数で決まる。

有名な雑誌に掲載されるには、インパクトのある研究でなければいけないようでした。それでは、インパクトがあるとされるものの正体は何だろうか?そこで私は、「社会の難問を解決することである」と考えて、私はかつて大学の学部生だった頃の授業で、これはまだトヨタもホンダも解明できていないと聞いていたベルト問題に目をつけました。車をはじめ、ベルトが使われていない機械部品はほとんどないのに、動きの解明はまだできていなかったんです。この論文のおかげで、私は山形大学の次には関西の龍谷大学の助教授になることができました。

不正を無くすには、手法や手段を変えるだけではダメだ。社員一人ひとりに人としてあるべき姿が何かを教え、会社が何のために存在し、成長するのかを定義づける必要がある。

会社の事業が存続・発展していくためには、会社の岩盤をしっかりと固めた上で、「新製品の開発」、「新市場の開拓」、「新事業の構築」を行っていくことが重要。

起業家精神とは資金を集め、会社を立ち上げることのみを指すのではなく、よりよい仕事をしたい、新しいことを学びたい、自分が所属するコミュニティに対して価値を生み出していきたいと考える本能のようなものだ。

圧力をかけて無理やり従わせようとしても意味がない。皆が良い組織を作ろうと思うようになる、そのきっかけを与えるのが私の役割。だから、何より既存の社員たちの話をしっかり聞くことから始めました。

ページの先頭へ