スティーブ・ジョブズの名言・格言|高付加価値な製品のヒントを他社から学ぶ

ドイツのミーレ社はプロセスをじっくりと考えた。同社が開発した洗濯機や乾燥機のデザインは素晴らしい。これらの製品には、ここ数年どんなハイテク機器にも感じたことのない興奮を覚えた。(覚書き|ドイツのミーレ社=ドイツのデザイン家電メーカー。スタイリッシュな生活家電を販売し、成熟市場で急成長を遂げた会社。他にないデザインで付加価値を付け、高い値段でも買う客層にフォーカスしている)

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者は一度借り入れの味を覚えると抜け出せなくなる。経営に緊張感がなくなり、そのツケは必ず自分に戻ってくる。企業にとって借金は麻薬のようなものである。一度その味を覚えたら抜け出せなくなる。高い山の後ろには、必ず深い谷が待ち受けている。順調な時ほど危機が訪れる。問題ないと考えること自体が問題である。

安藤百福の名言格言|企業の借入れは麻薬


現在、実際の経済はどうかというと、計り知れない事態が発生してきています。分離が経済をむしろ自己破壊的な方向へ導いていると言っていいかもしれません。そこで出てくるのが「非分離」です。モノには経済性だけでは計れない多元的な価値があり、経済とは、画一的なものではなく、個々の活動それぞれが、個性を持った具体的な事象なのです。これからは、周囲の自然環境や社会環境を踏まえた「非分離」な経済の構築がされていくでしょう。

福原義春の名言・格言|経済性だけでは計れない時代に


失敗はしない方がいいが、私は失敗の質を叱る。悪意と怠慢と無知による失敗を。しかし、過失や勇み足は交通事故のようなものです。

水野健次郎の名言格言|良い失敗と悪い失敗の違いとは


電卓競争で得た最大の教訓は、「メーカーは業界トップになること」であった。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。

樫尾忠雄の名言 格言|カシオが電卓の開発・販売競争で得た最大の教訓


史記に「千人の諾々(だくだく)は、一士の諤々(がくがく)に如かず」とあります。ハイハイと意に従うだけの人間が千人いても何の益にもならないが、たった一人でも思う存分に戒めてくれるものがいれば道を誤らず、自分のためになるという意味です。ビジネスマンとしてトップに立つ人間が心しなければならないことではありますが、実際には耳に快いことを言う者ばかり近づけてしまうのが人の常です。

松沢卓二の名言 格言|経営者が持つべきは千人のイエスマンより、一人のノーマン


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ