スティーブ・ジョブズの名言・格言|他人から提示されるまで、人は自分が何が欲しいのかわからない

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォーカスグループによって製品をデザインするのはとても難しい。多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。私はずっと、自分たちの事業に関わる主要技術を保有し、自由に操りたいと思っていた。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

英国の劇作家バーナード・ショーは「余暇は休息ではない、休息は睡眠のようにとらなければならないものである。本当の余暇とは我々が好きなことをする自由であって、何もしないことではない」と書いている。余暇を単なる閑ではなく遊びの世界に高めることは、人それぞれの価値観があり、生活の知恵でもあり、人生の生き方そのものであるので、閑中遊ありもまた心がけ次第となる。

一般的に言って、ある企業のイメージを決めるのは大衆であって、企業ではありません。企業にできるのは、これから進む方向を定めて、どうしていきたいかを明らかにするだけです。企業として究極のモデルを設定して「これは理想であって現実に到達するのは不可能でしょう。でも、私たちはこれを目指します」と言う。できるのはそれだけです。一方、大衆は企業が、そして経営者が何を考え、どんなヴィジョンを持っているかにはあまり関心を払いません。実際の商品や、経営者のパーソナリティを見て何かを感じ取ります。

世界によってマーケットの地図が違うんです。ですから、日本だけ、または海外だけを見ていてもわからない。大きな視野で、いま世の中がどのように動き、誰がどのように動いているのかを見ていると、世の中の流れがつかめると思います。そういった能力を高めていきながら、知識や情報を頭の中にインプットしていって、自分なりに考えていくことが重要です。

(写ルンですのCMキャラクターを)デーモン小暮さんに決めたあと、たまたま経営者の集まりがあって、皆さんにデーモン小暮さんの名前を出したらほとんど誰も知らなかった。しかし、その会食の席で料理を運んでくる仲居さんたちが目を輝かせているのです。デーモン小暮は相撲好きだとか、実に詳しい。やはり、お客さまの意見が一番重要です。おじさんたちが頭をいくらひねっても、自分の経験だけでやろうとすると大きく間違う。

ビジネスの成功を明確に保証したり、手法を香水のように瓶詰にすることはできない。自分自身でやってみて、実践で身につけなければならない。

カシータのスタッフは、喜びを体で覚えてしまっているんです。自分たちが頑張ると、お客様がこんなにも喜んでくれるということを。ものごとは、悪い方向へ行くとどんどん悪くなりますが、その逆でひとたび良い方向へ行くとどんどん良くなっていく。これがゲッティング・ベターの威力です。

毅然として歩むには、誇りを持たなければならない。誇りを持つことは、相手を見下すことではない。常に礼儀を忘れてはならない。礼儀正しくということは、卑屈になることではない。その意味で、日本は誇りを失いかけてはいないか。

ページの先頭へ