松下幸之助の名言|経営は聖人君子の業ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営は聖人君子の業(わざ)ではない。君らええ格好すな。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分がつくってきたものにぶら下がるのではなく、新しいものをどんどん生み出していける。こんな人材なら生き残っていけるし、私自身そうなりたいと思っています。

個人と会社の双方の方向性が一致していなければ、双方ともハッピーになれません。いまやっている仕事が向いていないとか自分の人生の目標に合わないと思ったら、仕事自体を変えるべきです。

アイデアとはそもそも、何かの問題を解決するための施策です。アイデアを出すことそのものが目的ではなく、アイデアによって何かを達成することが狙いのはず。そう考えると、アイデアを考える以前に、解決すべき問題が何かを客観的に把握することが大切。

現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。

同じ釜の飯を食ってきた仲間で1人だけ飛びぬけた報酬をもらうということはあり得ませんよね。一緒に苦労してきたのに何だ、と。部長と取締役、取締役と社長であまりに報酬に差があると、そういう気持ちが生まれてチームが乱れがちになる。

どうも寝つきが悪いという人の中には、あれこれと明日のことを思い悩む傾向が強い人が見受けられます。こうした人は寝付いたあとも、夜中に目が覚めたりして、せっかくの睡眠時間が削られてしまうことが少なくありません。明日への不安を取り除く作業をすることをお勧めします。寝室に入る前に10分ほど時間をつくり、紙に「気になっていること」「明日やるべきこと」を書き出してみるのです。文字にしてみると、漠然と思い悩んでいるより頭の整理がついて、安心して眠りにつけるようになるものです。

ちょっとした雑談のとき。良い反応を返してくれる部下がいたら、何かと話しかけたくなるものです。頻繁に雑談をする関係性を築ければ、仕事のことについても話しやすくなります。「役員会でこんなことがあって……」などという話も、いずれしてくれるかもしれません。その中で、相手の価値観を探ることができるのです。

ページの先頭へ