松下幸之助の名言|きみ、商品を抱いて寝たことがあるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

きみ、商品を抱いて寝たことがあるか?
【覚え書き|商品開発担当者への問いかけ。抱いて寝るほどその商品に愛情を注いでいるかという主旨の言葉】


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

集中する、没頭するという状態を生むには、精神論ではなく環境や身体感覚から入っていくのが一番です。

経営者としての私は「即断即決」を旨としている。M&Aのような重大案件の場合、実現までには相応の時間がかかる。しかし基本的な方針を固めたら、決断は速い。

オムロンでは以前から各事業部に権限委譲して独立性を高めていますが、どうしても縦割りの弊害が出てしまいます。自分の事業のことだけを考え、ほかの事業部と効率的に動く考えが欠けてしまいがちになります。社長に就任してからは「チームオムロン」を掲げ求心力を高め、総合力で変化に対応していくことを社員に求めるようにしました。

若者と話すなかで、お互いの価値観がぶつかることもあるでしょう。反対の意見が出たときこそ真剣に耳を傾け、話し合う。異なる価値観を無視するのでなく、すべてを受け入れて自らの心に改めて問いかけることが大切なのです。

メモを取る癖をつけよう。会議や商談の場で、手を動かしていない人は意外に多い。聖徳太子並みの能力を持っているならともかく、それほどでもないと自覚しているなら、メモすることで記憶しよう。

決められたことをこなすだけでなく、工夫を凝らせば仕事は面白くなる。

今後、内燃機関がなくなれば、当社の主力製品は不要になる。そうなったらもはや手遅れだ。稼いでいる今のうちに新製品を開発しなければならない。失敗してもいいから、チャレンジすることが必要だ。

ページの先頭へ