松下幸之助の名言|赤字とは血を流しているのと一緒

このエントリーをはてなブックマークに追加

きみな、赤字というのは、人間の体で言うたら、血を流してるのと一緒や。体から血が流れっぱなしやったらどうなる? 死んでしまうわな。死んだらいかんから、血を止めないかんな。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の仕事と家事育児は、両方とも仕事ととらえるべきです。だから仕事と家事は何対何で取り組む、なんて考えないほうがいい。

スピーチは削れば削るほど、よくなる。面白い映画ほどタイトに編集されているのと一緒です。

「私は才能がない」と思っている人には、「あなたは120%の力で仕事をしていますか」と聞きたい。120%の力でしばらく仕事を続けてみれば、才能の有無は結果として見えてきます。才能は「あったか」「なかったか」の結果論として初めてわかるもの。

1度ヒットを出したからといって「またできる」と考えてはいけない。ヒットには方程式がないため、再現性もありません。つまり、多くの場合、再び狙ってヒットを出すことは難しい。

今も変化の真っ最中ですが、今後はこれまで成功してきた分野ほど、今まで蓄積してきたものを大胆に捨てるような決断が経営者には求められるようになる。

成功者を見ていると、我々は「成功」という最終結果にばかり目がいきます。彼らには才能があったから成功した、と単純に考えてしまいがちです。しかし、成功するまでの長い間数々の障害に直面し、それを克服してきたことは我々には見えないことが多いのです。

筋トレは多くの人が経験していると思うが、決して楽しいものではない。それでも続けることで体力がつく、体調が良くなる、仕事がはかどるなど効果を実感できれば、続けるモチベーションが上がってくる。筋トレをしないと気持ちが悪いというレベルまで達して初めて習慣づけることができる。

ページの先頭へ