竹島一彦の名言|出る杭として叩かれて鍛えられた

物事が終わってから後講釈で批評することが多いのも日本社会の特徴ですが、私は「だったら自分でやればいいじゃないか」と実践してきました。出る杭は打たれる。そうした性格や行動が災いして叩かれもしてきましたが、大いに鍛えられてきたのも事実です。

竹島一彦 の経歴

竹島一彦、たけしま・かずひこ。日本の官僚(大蔵省)。国税庁長官、公正取引委員会委員長。北海道出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。ジョンズホプキンス大学修士課程修了。平塚税務署長、大臣官房秘書課長補佐、主計局主計官補佐、大臣官房企画官、行政管理庁行政管理局管理官、主計局給与課長、主計局主計官、大臣官房文書課長、近畿財務局長、主計局次長、大臣官房総務審議官、経済企画庁長官官房長、国税庁長官、内閣官房内閣内政審議室長、内閣官房副長官補、公正取引委員会委員長などを歴任した。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ