大前研一の名言|日本人の悪い癖

太平洋戦争を例にとるまでもなく、日本人は変なところで楽観的で、将来に対しての見通しが甘いところがある。そして表面の現象だけ見て一喜一憂する。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

趣味というとスポーツやものづくりをするイメージがありますが、それほど大上段に構えなくてもいいと思います。私もたいした趣味はありませんから。たとえば、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、おいしいものを食べにいくなど、楽しいことや気晴らしになることがあれば十分でしょう。

経験上、優れたアイデアを出す人材は一部に限られます。しかも一時期だけです。その人材の旬の時期を捉えることが、チーフイノベーターである社長には求められます。商品名も自分で決めます。行き詰まると、社員を飲みに連れていって、反応を見たりします。そうやって商品化したのが、ゼリー状の消臭剤、消臭ポットでした。

最も否定的なコミュニケーションを起こしやすいシチュエーションが、相手に自分のコンプレックスを刺激されたとき。

先のことは分かりません。でも目の前の目標に対して精一杯取り組んでいく。毎日を一生懸命過ごしていく。そうすれば、悪いことにはならない。

一部の外国ではヒーローが継続的に再生産されて、若者の起業やチャレンジの原動力になっている気がする。夢見、憧れるリーダーがいて、多くの若者が動機づけられ、自らもチャレンジするというサイクルが回っている。

幸せとは、「気付く」ことであると、さまざまな研究結果が示している。自分の人生の中の、ごくあたりまえの恵みに目覚めることが、汲めども尽きぬ幸せの泉となるのだ。

今の世の中はポジティブ過ぎる気がする。前に進まなきゃいけない、上がっていかなきゃいけない、とか。でも、それだけが人生じゃない。今、足踏みしていても、前に進むための準備だと考えればいい。

会社がしんどいときは、給与の減額は仕方がないとしても、人減らしはできるだけ避ける。そうして、社員全員で耐えきることが大切です。いずれ景気は回復します。そのときに、時間をかけて育てた人材がいるのといないのとでは、成長力が違ってきます。ここは踏ん張りどころではないでしょうか。

世界全般を見て世界戦略をどう考えるかと机の上で考えるだけでは不十分。実際のビジネスはローカルですから、各国の状態をきちんと見ながらやらないとうまくいかない。

経営学の理論では、市場が完全競争下では経営学上の企業の利潤はゼロに近づきます。ここから抜け出すためには、独占的な要素を持ち込む必要があります。決定的に競争的な現在の市場では、イノベーションによる差別化が大切です。

ページの先頭へ