スティーブ・ジョブズの名言・格言|他人のドグマにとらわれるな

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちには過去の誰よりも自由、可能性、選択肢がある。それと同時に、無用なもの、凡庸なもの、えり分けて捨てるべきゴミなどもかつてないほどたくさんある。

私は、時にそれがつらいことであったとしても、過去の記憶を封じ込めてしまおうとしたことなど一度もありません。私には、自分の過去から身を隠してしまおうとする人のことが理解できません。生きていく中で経験することのすべては、いまの自分を作る糧になっているのですから。

私は豚となって楽しむより、人となって悲しみたい。

我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。
【覚書き|法務官時代、ヒスパニア・ウルステリオル属州に総督としてローマから赴任した際の言葉。この赴任がカエサルの人生を変え、のちにローマのトップになる礎となった】

君ができるすべての善行を行え
君ができるすべての手段で
君ができるすべての方法で
君ができるすべての場所で
君ができるすべてのときに
君ができるすべての人に
君ができる限り

我々は、独りで世の中を歩いている。我々が望むような友達は夢であり、おとぎ話である。

古来賭博に熱中した厭世主義者のないことは、いかに賭博の人生に酷似しているかを示すものである。

ページの先頭へ