川村隆の名言|社内外の知見を横断的に集めて、徹底的に議論を戦わすことで、変革は絶え間なく実行される

このエントリーをはてなブックマークに追加

社内外の知見を横断的に集めて、徹底的に議論を戦わすことで、変革は絶え間なく実行される。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

編集者と若手医師や現役の医学生を組ませているという点です。編集者は制作の過程で随時、医学生の意見を聞き、よりわかりやすい内容に仕上げていきます。この、本作りのプロである編集者と実際のユーザーである医学生のタッグシステムが他では真似できない、弊社ならではの強みだと自負しています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】

お金がないなら知恵を使い、知恵がないならネットワークを使うこと。

負けたのではない。時間が無くなっただけだ。

物事がなんとなくうまくいかないとき、負の気分を変えたいときなどには朝の掃除をお勧めします。身の回りがきれいになると、誰もが「ああ、気持ちいい」と、すがすがしい気持ちになるはずです。

「仕事が速い」というのは仕事ができる条件というより、それがすべてと言っていいくらいです。ひとつの案件を処理するスピードが速ければ、その分たくさん仕事をこなせますから、次から次へと声がかかる。これが仕事ができる人ということです。一方、スピードが遅くて、いつも仕事をいくつも抱え込んでいるような人には、誰も新たな仕事を頼もうとは考えません。それで、いずれ仕事が回ってこなくなって、あいつは仕事ができないという評価につながることになるのです。

私は、事前には可能性が低いと予想されていたブレグジット(イギリスのEU離脱)についても、実際に起きた時にどんな影響が出るのかを予測し、プラスとマイナス面を徹底して調べていた。

一般常識は、決してそれほど一般的ではない。

ページの先頭へ