樋口廣太郎の名言|前例がない、だからやる。

前例がない、だからやる。

樋口廣太郎 の経歴

樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう。日本の経営者。アサヒビール社長・会長。京都出身。京都大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。同行で副頭取まで務めたのち、アサヒビール社長に就任。経営不振だったアサヒビールの再建に着手。半年以上経過したビールの回収やスーパードライ発売、味の刷新など思い切った経営改革を行い経営再建を成し遂げた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仏教には「無我」という言葉があります。自我なんてものは人間の脳が作り出したフィクションで、そもそも存在しない、と。自我がないからこそ、比較することで、自我という幻を作ろうとするのです。つまり人と自分を比較して妬ましい、羨ましいなどと感じても、それは「私という存在」が抱いた感情ではなく、安定したい脳のシステムが作動しただけ。だから、負の感情に振り回されず、単なる脳の反応なんて「放ったらかし」にするのが正解。

和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親の言うことに従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし、上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、自然とものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。

たとえ違法行為がなく目に見える被害者が出ていないとしても、企業が倫理にもとる行動をしたら、消費者や小売店はたいへん厳しい対応をとる。これまで以上に企業の倫理性が厳しく問われる時代になったのです。企業経営にあたっては、コンプライアンス(法令順守)やCSR(企業の社会的責任)を強く意識しなくてはいけない。

私は国土交通行政の素人です。しかも宝塚音楽学校しか出ていません。あなたたちは東大や京大を出た秀才なんだから、どんどんいい提案をしてちょうだい。全部そのまま採用するから。私のあとにまた頭のいい大臣が来たら、その人の言いなりにしなくちゃいけないんだから、今がチャンスよ。

価格交渉は難しい。値引きに応じてしまえばそれで終わりだ。製品の機能も品質も変わらないとき、残るのは営業力しかない。自分たちと付き合えばどれだけ得をするのか、トラブル対応を含めて、値段だけの交渉にしないことだ。営業は社内の工場とお客様の両方を説得しなくてはならない。お客様の言いなりでは工場は動かないし、工場の言いなりではお客様は注文をくれない。

あらゆる業界で大きな変化が起きている現在、「新しいことに挑戦して大きな成果を上げる人材」が求められています。上司の多くがそんな期待を持っています。上司が期待しているのはあなたの「経験そのもの」ではなく、経験から得た「能力」や「スキル」を生かした成果なのです。

商品を全て売れば、原価が高くても利益が出る。

当社が健全な経営をしていられるのは、物件を持っていただいて終わりではなく、物件を売るときにもお手伝いさせていただくことで、物件の取扱件数が多くなっているから。それができるように、お客様と信頼関係を築いているから。

商品を年間10アイテム発売して1億円の売上を出した会社が、翌年は20アイテム出して2億円の売上げ。さらに翌年は30アイテムを出して3億円なのですが、利益は赤字になりかけました。生産コストと売上だけを見ていてはいけません。修理、返品に側する管理コストも増えているんです。つまり、累積で60アイテムの管理コスト。1、2年目までは黒字でも、3年目に赤字になる可能性は十分にあります。

断る勇気を持つことが大切。健康管理を徹底している。最高の料理をつくるためには、自身の健康が第一。体調が悪いときはつくらない勇気を持つことがお客への誠意。パーフェクトなサービスを提供できない時には断る勇気も必要。

ページの先頭へ