稲盛和夫の名言|企業は、改革し続けなければ現状すら維持できない。

企業は、改革し続けなければ現状すら維持できない。

稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

器を大きくするには「人生の大きな目標を持つこと」「正しいことは何か、と考え、信念を持つこと」。もちろん、こういうことは大切なのですが、人間は弱い生き物ですからね。目標や信念を頭の中で意識したところで、日々の生活に流されて生きてしまうのも確か。それを日々の習慣にしていくことで、器の大きい人の思考パターンが体に染み付くはず。器の大きい人と同じ行動が自然ととれるようになるはず。

山崎武也の名言|器を大きくするには


最も重要なのは、「どんな課題を解決するのか」を考えること。成し遂げたいと思っているビジョン、軸があれば、回り道してもブレることはない。

溝口勇児の名言|成し遂げたいと思っているビジョン、軸があれば、回り道してもブレることはない


もちろん利益をまったく考えていないとは言いません。でも誰かがやるべきことを、他に誰もやる人間がいなかった。だからやることにした。というのが一番正しいですね。
【覚書き|ベネトンが多数の社会貢献活動を行っていることについての発言】

ルチアーノ・ベネトンの名言・格言|誰もやらないから社会貢献活動を始めた


たとえ海外向けECサイトを起ち上げたとしても、その現地でしっかりとしたマーケティング体制や販売体制を確立できなければ、長続きせず、撤退の憂き目に合い、利益を上げるどころか、かえって損失を被りかねません。

佐藤亘の名言|現地でしっかりとしたマーケティング体制や販売体制を確立することが大切


貯金の第一歩は天引きといわれるように、勉強時間も天引きして、あらかじめ強制的に確保するのが賢いやり方。ただ、勉強の習慣が身についていない人は、最初から多くの時間を天引きしようとしてはいけません。貯金でいきなり収入の40%を貯めようとしても挫折するのと同じで、勉強時間も最初は無理ない範囲で天引きすべき。また、ビジネスパーソンは、量より質。時間を多く確保しすぎると、かえって効率が落ちるので要注意です。

本田直之の名言|勉強時間は無理のない範囲で天引きする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ