稲盛和夫の名言|企業は、改革し続けなければ現状すら維持できない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は、改革し続けなければ現状すら維持できない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま自分が何の問題に答えを出すべきなのか、何をしたらいいのかを明確にできるスキルをマッキンゼーで身につけたことは大きな財産です。

雑誌やテレビなどのメディアはよく「日本の名医」なる企画を展開しているが、そもそも医療の質が属人的な技量によって変化すること自体、医学が科学からはほど遠い学問であることの裏付けと言える。

成長期には「LOVE ME」でよかった。全体が伸びている中では、宣伝にしても販促のPOPにしても、自分のことを前面に打ち出し「私を愛して」とアピールすれば効果が出た。ところが成熟期に入ると、お客様に積極的に「(I)LOVE YOU」と発信していかないとダメなんです。「お客様を愛しています。だからこう貢献します」ということです。

平凡でつまらない毎日から抜け出すには、面白いことを自分で見つけるしかありません。そのためには思索することが必要です。どんな生き方をしたら素晴らしい人生になるかと、自分に対して問いかけるのです。

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。

ベンチャー経営者なら創業時は自ら現場に出て指揮を執るべきです。24時間ずっと仕事のことだけを考え続ける。人に任せたりせずに、オールマイティーに仕事をこなせるようにならなければ社員も付いてきません。だから創業時にあまり優秀な幹部がいるのも問題です。経営者がその幹部に頼ってしまって、自らの能力が磨かれない可能性があります。まずは自分に付いて来てくれた社員をどうやって食わせるか。現場に出て経営者自ら汗をかく。それでいい。

ある特定の一人、二人が為替をいじって、5000万とか1億円儲けたとします。すると、営々と働いて3000万円の利益しかあげられない多くの人たちは、為替の大儲けに決していい感じは持たないだろうと私は思います。ものをつくる会社に働いているものをつくる人たちは、自分たちの働きが、あるひとつの知識による稼ぎよりも劣ったものでしかないと思ったときに、寂しさを感じて、情熱を失ってしまうだろうと思う。

ページの先頭へ