稲盛和夫の名言|ひとつの分野だけではそのビジネスが苦境に陥れば会社が傾いてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとつの分野だけではそのビジネスが苦境に陥れば会社が傾いてしまいます。そんな事態を避けるためには、会社を変革し事業を多角化していく必要がある。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

期限が一週間後の仕事を3日でやり遂げる部下がいたとします。出来栄えは経験豊富な上司に及ばないかもしれませんが、時間があるので上司は手を入れることができます。直す余裕があるかないかで印象は全然違います。

自分が思う自分と、人が思っている自分は、往々にして違います。どんなに単純そうな人でも、ひと色でできているわけではありませんし、「本当の私」なんて、自分にもよく分かりません。

富士銀行の取締役を務めていたとき、テルモに役員として派遣されることになりました。着任して驚いたのは、テルモは3期連続の赤字に陥っているのに、社員に全然危機感がないことです。「これは大変だ」と思いました。

手帳は船に例えれば操舵室のようなものです。目標と時間を管理するためのコントロールタワーです。

逃すべきでない敵と見たならば、敵がいると答えるよりも早く、相手に討ちかかるべき。

仕事に対する意識を高めるには、いろいろな分野の、それもハードルの高い仕事をすることが大切です。

西郷隆盛は男盛りの20代から30代に、2度も島流しにあっています。しかし、彼は投げやりにならず、勉強と思索に打ち込みました。結果、維新という偉業をやり遂げたのです。

ページの先頭へ