スティーブ・ジョブズの名言・格言|率先してリーダーになりなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションは誰がリーダーで、誰が追随者かをはっきりとさせる。自分がクオリティの基準となりなさい。すばらしいアイデアが要求される環境に慣れてない人もいる。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目標の決定には様々な要素が考慮に入れられました。意欲と現実の折り合いをどこにつけるかといった問題もありました。ある目標が意欲的だが、実際には現実不可能だと思われる時には、計画の遂行にあたって、社員のモチベーションを高めることはできません。反対に目標があまりにも保守的な、何の困難もなく達成できるという場合は、目標としての意味がありません。

好奇心あふれた行動派たれ!商社はメーカーと違っていろんな商売をやっている。穀物相場もあれば、宇宙通信などの最先端分野への先行投資もある。好奇心と行動力がなければ話にならない。

僕はピザーラを始めるときに、フランチャイズで事業拡大をしていこうということは決めていたんです。他社と同じ土俵で戦うのはやめにしようと。その結果、外国からの押し付けではない、日本人による日本人向けのフランチャイズを展開しようと思ったんです。たとえばアメリカのようなドライなやり方ではなく、もう少しウェットでファミリー的、一度加盟したからには運命共同体として、我々本部も面倒を見る。どちらかが強いということではなく、共存共栄みたいな形のものが一番いいと。僕はそれが非常に重要だろうと思ったんです。

スターバックスの創立者は、普通の経営者とは全く違っていた。大学で文学を専攻したジェリーは英語の教師をしたことがあり、ゴードンは作家だ。三人目の共同経営者ゼブ・シーゲルは歴史を教えていた。三人ともビジネス王国を築く野心など持たなかった。スターバックスを創立した理由はただ一つ。コーヒーや紅茶を愛し、シアトルの人々に最高のものを味わってもらいたかったのだ。

ある程度業績が安定したら会社は積極的に前に出るべきだ。そうしないと、社員の関心が仕事から別のことに移ってしまう。派閥が出来たり、人事抗争が起きる要因である。

『智』『情』『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。

決断というのは、100%情報があったら誰でも出来ます。しかし、それじゃビジネスチャンスとしてはもう遅いんです。本当の決断は60%くらいでしなきゃならない。結局は自分が泥をかぶるんだという気持ちがないと決断はできません。

ページの先頭へ