兼重宏行の名言|環境整備は経営の根幹

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境整備はまさに経営の根幹だと私は考えます。売上や利益を伸ばして、社員を成長させる。そのために組織を束ねる方法はこれしかないと思います。だから、いまも環境整備を続けています。


兼重宏行 の経歴

兼重宏行、かねしげ・ひろゆき。日本の経営者。日本の経営者。「ビッグモーター」社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

従来はお客様を銀行の都合で分けて担当させていただいていました。法人では大企業と中小企業の間を「壁」で仕切っていました。しかし、これはおかしいと考えたのです。それぞれの担当部署、スタッフはこのままではある意味、壁で区分けされた殻の中に入り込んでしまいかねません。壁を取り払った方が、効率的な事業展開ができるのです。

グローバルで戦うということは、常に危険があって当然なんだ。そう思わなければならない。ミスは起きるもので、起こった時にどう解決するのか。それが問題だ。

同じ古典作品を何年か空けて読み返すといいんです。読み返すたびに、自分の成長を確認できるのですから。

モノを出し入れするとき一番楽な位置は、腰から目の高さの範囲内にある「ゴールデンゾーン」。棚で言えば中段に当たります。ここに、よく使うモノを集中して入れます。その次に楽なのが下のスペースで、下段は社員のロッカーとして使っています。そして、一番出し入れしづらいのが上段。ですから、当社では、目の高さより上に棚は作りません。

謀反(むほん)を恐れてはならぬ。謀反人を恐れてはならぬ。自ら謀反人となるを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀反である。

クロージングのタイミングを読む力を鍛えたければ、他人の営業を客観的に見る機会を増やすことがお勧めです。後輩の営業に同行するのもひとつの手です。言葉は悪いですが、後輩を反面教師にするわけです。また、他社の営業マンと会う機会が多い部署の人に「どんな営業マンから、買ってしまうことが多いか」を聞くのも参考になります。

特に若い人は、理解は早いけれど、忘れるのも早い。やはり体で覚えてもらうのが一番。

ページの先頭へ