フィリップ・コトラーの名言|マーケティングの観点から社会問題を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、ロッキングチェアーに座って死ぬのを待っているだけというのが高齢者のイメージであるとしたら、それは健全ではありません。そこにはマーケティングで扱うべき課題があることにお気づきでしょうか。「現役を退いた日本のシニア層に行動的なライフスタイルを提案する市場をつくり出せるだろうか?」「彼らに様々な楽しみ方を示すことができるだろうか?」。高齢者は、運動やアクティブな活動を制限するような病気を抱えているかもしれませんが、「いかに高齢者に若いマインドを持ってもらうか」という視点を持つことが必要でしょう。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功するまでは、どんな人でも自惚れを持つ権利を持つ。

お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、平和の食べものなのです。

2000年当時には、洋服をネットで販売することは常識外れとされていました。私は経営の面白さは常識との戦いだと思っていますが、この分野に挑戦している人が少なかったからこそ、「誰もやっていないなら私がやる!」と火が付いてしまったのかもしれません。

経営陣が従業員と直接対話する経営計画説明会を始めたきっかけは、約30年前、従業員数が300人に達するかどうかの時期に、経営方針の伝達や社員のモチベーション確保には、人づてに伝えるより経営陣や部門のトップが直接伝える方がいいと考えたことからです。普段は40~50人の支店内でとらえている業務成績が、会社全体の中ではどんな位置づけかわかりますし、ほかの視点の社員と接することによる刺激、効果もあります。

成長できない市場環境下において、トップセールスはアプローチを継続することで着実に成果を残している。効率最優先の営業スタイルでは、厳しい時代を生き抜いてはいけない。いま求められているのは、顧客に粘り強くアプローチし続ける諦めない営業なのだ。

私が社長に就任した時期は、経済環境が大きく変わり、戦後最大の不況といわれた時期でした。当時は、自分の身体はどうなってもいいという思いで、日々仕事にあたっていました。

就寝前、明日のToDoだけは簡単に書きます。あまり深く考えず、問いのような形のメモを書きつける程度です。そうするだけで、夢の中で答えが浮かぶことも多いんですよ。

実際に導入している企業の在宅勤務の頻度は、一人当たり週に1、2回。残りの日は通常のオフィスとなります。この程度であれば、週に1、2回の地方出張と変わらず、職場にも過度の負担はかかりません。

「ベーシック資格+専門分野の資格」の合わせワザが他の人との差別化になる。ベーシック資格に加え、職種・キャリア別に必要とされる資格の組み合わせこそが、もっとも手堅い資格選び。

生み出す人も使う人も幸せになるもの作りをしたい。そのために大切なコミュニケーションを生み出すことも含め、生きていることのすべてが表現だと思っています。

ページの先頭へ