フィリップ・コトラーの名言|顧客と直接話すことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜその人はあなたの企業やその商品を選んだのか、その本当の理由を理解するためには、直接会話することが重要です。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大手生保と同じような人材を採用していては、どうしても数で負けてしまう。こちらは1~2人しか採用しないわけですから、より優秀な人材を採るしかない。その優秀さは、「原点から考え抜く力」を持っているかどうかで評価します。だから、入社試験は論文のみ。思考プロセスを見たい。文は人なり。読めば分かる。

「魚のいるところで釣りをしろ」と社内でよく言う。どんなに釣りが上手い人でも、山では魚が釣れない。下手でも魚がいる所なら釣れる。魚の居場所を上手に探すことが釣りでは最も大切だが、そのためには魚の動きをキャッチする感覚と、すぐに漁場に駆け付けられる機敏さが必要だ。自分は、これまでそういう人生の旅を続けてきたし、これからもその旅を続けていくように思う。

株への投資と外貨への投資は根本的に違います。株への投資は、投資対象が経済活動をして価値を生み出すことに期待して行なうものです。しかし、外貨は、それ自体が何かをして価値を生み出すものではありませんから、正確には「投資」とは言えません。金も同様で、金自体が何か価値を生み出すわけではなく、ただ値動きをするだけです。この違いを、まずは理解しておくべきです。

素人だからこそ、業界の前例や慣習に囚われず、新しい発想ができる。

フリーターは統計を出すために総合的につられた名称です。時代をさかのぼると、プータロー、フーテンと呼ばれ、100年前には素浪人でした。坂本龍馬も脱藩した素浪人で、明治維新はフリーターが集まって大組織の徳川幕府を倒して成し遂げたのです。自由な立場の人が世の中を変えることは、歴史が物語っています。

会議やプレゼンにおける「いい説明」は、どんなに大人数の相手とも、必ずコミュニケーションをとっているものです。私は大勢を前にした講演の最中も、聴衆一人一人の表情や視線の動きを観察するようにしています。そうすることで、「集中してくれているな」「飽きてきたかな」といったことが判断できるし、聞き手のニーズに応えているかどうかもわかります。

オリックスはかねてからリスクを見極めて新しいことにチャレンジしていくことが伝統になっています。

ページの先頭へ