フィリップ・コトラーの名言|イノベーションを生み出す上で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションを生み出す上で重要なのは、自分たちが現在直面している様々な問題を解決する方向でのイノベーションを目指すことです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ユニ・チャームでは「大きな池の小さな魚からスタートしよう」とよく言うのですが、すでに顕在化している市場よりも、まだ顕在化していないが大きなポテンシャルを秘めた市場に常に軸足を移しながら、経営資源を投入していくことを企業戦略の柱に据えています。

出世レースから外れたということは、自分が多数派であることを認識しただけと思えばいい。毎年200人が入社する会社で社長が5年で交代するとすれば、社長になれるのは1000人に1人です。999人はどこかで落ちていくのですから。

ロマンとビジョンがあるから、意欲も出て諦めない執念も出てくる。ロマンとビジョンがない人は、途中で諦め、障害を認めてしまいがち。

仕事を進めていくうえで、事業の優先順位をどう決めていくかは非常に重要だ。

クラシエはかつてのような大組織ではありませんが、全員が一丸となるにはちょうどいいサイズになりました。いい商品を出し続け、リピーターを増やしながら、愛される会社に育てていきたいと思っています。
【覚書き|旧カネボウが分割されクラシエができたことについて語った言葉】

義を捨て人を欺きて、裏切った者は、武将の恥辱、末の世まで嘲笑されるだろう。

企画立案のタブーは自分の想像、つまり思い込みでつくることです。自分の頭のなかだけで無理やり企画をひねり出そうとするのは、驕りであり、これほど相手に対して失礼なことはありません。

ページの先頭へ