フィリップ・コトラーの名言|ライバルが出現するより、無関心なことが問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業の問題はライバルが出現したことではなく、ライバルの出現を脅威だとは思わなかったり、無関心だったりしたことです。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

考えがまとまらないときや情報が整理できないとき、「図解」してみるとひと目でわかります。箇条書きや文章でも整理はできるかもしれませんが、パッと見てわかる図に比べると理解に時間がかかります。

新しいものの見方を身につけるには、やはり、異質の媒体に触れる機会を持つことが大切です。何か視点の違うものを用意しておかなければ、世の中をものすごく偏ったかたちで見続けることになってしまいます。

顧客企業とのコミュニケーションを密にし、当社にしかできない付加価値が高い提案をスピード感を持って提供していきたい。

一貫して目指しているのは、お客さまにソニーらしい商品を提供することはもちろん、いかに素晴らしい、ソニーらしい体験を提供できるのか。

やってみてできなければやり方を工夫する。最終的な責任は俺がとる。

64歳のとき、アメリカをマラソンで横断したことがあるんです。毎日43キロずっと走り続ける。もちろん体力的にも精神的にも限界を超えますよ。でも、社員たちに身体で教えたかった。肉体を凌駕するのは精神力なのだと。絶対にゴールをするという意識を持って走り続ける。もちろんそれは自分の意思で走るわけですから、苦しくても楽しくやれたのは言うまでもないことですけどね。楽しくなくちゃ、意味がないですから。

「わかりやすく説明すること」が大事です。私のプレゼンでは難しい金融用語が多いため、できるだけ簡単な言葉で言い換えます。たとえば「外貨準備高」は「世界の国々がどの通貨を信用しているのかを表しています」という具合です。

ページの先頭へ