鈴木敏文の名言|過去の成功体験を引き合いに出すのは、昔の流行歌を今の時代に歌うようなものです

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の成功体験を引き合いに出すのは、昔の流行歌を今の時代に歌うようなものです。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たいていの仕事は多少粗くても通用します。最終的なアウトプットが必要な水準をクリアしていれば、中間のアウトプット、たとえば、社内の人しか見ない文書は、粗くたってかまわないはずです。すべてに完璧を求めてしまいがちな日本人の国民性が、仕事の遅さ、作業の長時間化につながっているのでしょう。

ライバルがいない人生は、島影さえ見えない大海のただなかにポツンと浮かぶ舟のようなものだ。進んでいるのか、後退しているのかさえわからぬ頼りない人生。それはおそらく味気のない人生だと思う。

「じゃあ、みんなで話すか」が口ぐせの人は、問題解決力がないと考えたほうがいい。本当は自分が決めなければいけないことを決められないから、みんなで決めて、何かあったときの保険をかけているだけである。このタイプの人がよく口にする「みんなで考えたほうが、アイデアが出るから」という言葉は裏を返せば、「自分にアイデアがないからメンバーに出してもらいたい」という意味である。

これまでは商品の企画というと、定量的、間接的なマーケティングデータから消費者のニーズをとらえようとしてきました。でも、その対象は「買わせたい人」の層でしかなく、自ずと限界があります。これからは企画の段階から消費者と直接コミュニケーションをとり、買いたい人の具体的な姿をとらえていくことが大切だと思います。

今まで多くの部下を見てきましたが、不思議なもので、入社時には高いパフォーマンスを誇っていたのに、途中で成長が鈍ってしまう人がいます。一方、入社時はさほどではなくても、年を経るごとにぐんぐん伸びていく人もいる。私はこのような人を「成長角度が高い」と呼んでいますが、この成長角度を決めるのは反省ができるかどうかです。

今は閉塞感が漂って元気がない時代と言われているだけに、新人の時から威勢のいい人間はすごく目立ちます。「俺は天下を取ってやる」とホラを吹くだけで、一目置かれる。また「新製品を開発してヒットを飛ばします」と宣言すれば、自分自身も追い詰められ、頭を使うようになります。社内を歩き回って諸先輩に「何かいい知恵を授けてください」と頼めば、みんな悪い気はしないはず。きっとかわいがられます。こうした処世術を早くから身につけることをお勧めします。

決断が早い人は大きく3つの認識を持っています。

  1. ビジネスの決断に100%の完璧さは必要ない(=大きな方向性さえ間違えなければよい)と達観している。
  2. 最良の選択肢がなくても決断するという意識を持っている。
  3. いくらでもやり直しがきくという鷹揚さを持っている。

ページの先頭へ