酒巻久の名言|研究開発も営業も基本は同じ

営業と研究開発の優れた人は一緒です。なぜなら、研究開発で最も優れた人は、必ず相手の立場に立ってものを考えるからです。困っていることを解決するのが、よい商品に直結します。営業もそうです。ただ自分の会社の製品を買えと言うのではなく、相手が何を要求しているのかきちんと耳を傾け考える。問題はそのセンスを持っているかどうかで、研究開発も営業も基本は同じなのです。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

異業種の人のほうが、この業界の常識にとらわれずに、「なぜだろう」「どうしてだろう」と原理原則から取り組むことができる。同業種だと、「こうなっているのが当たり前」と見なして、無理・無駄の存在する現状を肯定しながら進もうとする。改革には現状否定が欠かせない。

柳井正の名言|改革には現状否定が欠かせない


テクノロジー事業に関しても、競争相手がIT企業になってくる。彼らの成長スピードについていけないと、全部持っていかれてしまう。だからこそスピードが重要。

石川康晴の名言|IT企業の成長スピードについていけないと、全部持っていかれてしまう


パートナー企業を選ぶとき、いいことばかり提案するところは考えもの。やはりあり得べきリスクをきちんと説明してくれて、メリットでもリスクでも、その客観的な根拠を示してくれる企業であることが第一条件。

長谷川高の名言|いいことばかり提案する企業は考えもの


取るべき施策が正しくても、それが徹底されなければ衰退する。

谷真の名言|取るべき施策が正しくても、それが徹底されなければ衰退する


基礎となる地図整備からソフトウエアの開発やカスタマイズを伴うソリューション提案、サービス提供まで一貫して行えるのも、当社ならではの特長。「地図コンテンツ」という資産と、それを扱うノウハウ、技術力はどこにも負けないと自負しています。

神宮司巧の名言|一貫して行えるのが特長


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ