酒巻久の名言|研究開発も営業も基本は同じ

営業と研究開発の優れた人は一緒です。なぜなら、研究開発で最も優れた人は、必ず相手の立場に立ってものを考えるからです。困っていることを解決するのが、よい商品に直結します。営業もそうです。ただ自分の会社の製品を買えと言うのではなく、相手が何を要求しているのかきちんと耳を傾け考える。問題はそのセンスを持っているかどうかで、研究開発も営業も基本は同じなのです。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

家電量販店でアルバイトをしたとき、「今まで使っていたものを処分してほしい」というお客様の依頼が多いことに気づきました。まだ使える商品でもゴミ捨て場に捨てられているのを見て、「もったいない。これらの商品はお金を払っても手に入れて使いたいというニーズがあるかもしれない」と思いました。これがリサイクルショップを構想するきっかけになりました。

マンネリを感じたことはありません。日々新鮮な情報に触れることができるし、それがまた嬉しくてたまらない。だって僕はそういう状態に身を置きたくて、テレビ局を選んだのですから。おそらく、10年経っても飽きないと思います。

LIXILではすでに、未来のCEO選びの前哨戦として後継者候補約60人を社内からピックアップして、エグゼクティブ・トレーニングを施しています。これは、「リーダーシップとは何か」についての気づきを起こさせるトレーニングであり、今後は、トレーニングを受けた社員の成長ぶりをウォッチしていくことになる。

我が社のコンセプトは、「子供のためならいつでも休める会社」なんです。入学式や学芸会がある時は会社を休むことを奨励していますし、普段も早く帰って家族と過ごしなさいと言っています。

私はいつも一番頭が良くて面白い人たちと仕事をするようにしていた。そして、私はいつも自分にはまだちょっと早いかもしれないと思うことに挑戦した。

こんなサービスや商品があったらいい、という思い、主張が正しければ市場が評価してくれ、ビジネスとして成立する。この基本を見失いがちな経営者が多い。

一般に、人の話をよく聞くことは非常に大切なことと言われていますし、幸之助は聞き上手と言われることも多くありました。確かに聞き上手といえば聞き上手でしたが、私はちょっと別のとらえ方をしています。幸之助は聞き上手だったのではなくて、聞くことに人一倍の好奇心を持っていた、また、学びたいという意欲が人よりもはるかに大きくあったと思っているのです。幸之助みずからが言っていますように、自身は体系的な学問を学校で習うことはありませんでした。したがって会う人会う人、どんな人でも自分より知識が豊富に違いない、その人の知識をできる限り吸収したい、そういう好奇心にあふれていました。

成功するとそこに安住する人がいるけど、それじゃ面白くない。

安売りばかりしていると、ブランドも毀損してしまう。

私の仕事とは、大きな安全域の中で、「企業の内在的な価値」と、市場価格の差を利用して利益を得ること。これに尽きます。

すべての店舗の立地条件選択に私自身が関わり、オープンの日は必ずふらりと店を訪れることにしています。店舗スタッフはお客様に紛れた私に気づかないので、ごく普通に店舗をチェックできます。その結果、ライバルの居酒屋企業が営業利益率5%に満たなかったり、営業赤字に苦しむ中、コンスタントに10%前後の営業利益をキープすることができているのだと思います。

能動的な働きをしてもらうには、実践を見てもらうのが一番早い。キヤノン電子では、他社の社員を招き、私どもの作業工程を見せることがあります。ボランティア的な取り組みです。実際に見てもらって、彼らに考えるきっかけを与える。そして、自分たちにもできるんだと思ってもらうことが早道です。その中には、約2年で利益率が2%から11%まで上がった会社もあります。

問題解決の際に有効なのが、次の3つのステップで考えること。

  1. 拡大思考……問題の原因や解決策をできるだけ多く出す。
  2. 分割思考……出てきた意見やアイデアを整理して絞り込む。
  3. 俯瞰思考……問題解決のために行うべきことの全体像を俯瞰したうえで、実行計画を立てる。

ページの先頭へ