玉木康裕の名言|社員との会話が一番のリフレッシュ

休日はほとんどないけれど、社員との会話が一番のリフレッシュです。

玉木康裕 の経歴

玉木康裕、たまき・やすひろ。日本の経営者。「タマホーム」創業者。福岡県出身。福岡大学卒業後、家業の建設会社「筑後興産」に入社。渡米したときに日米の住宅事情の差に衝撃を受ける。帰国後、タマホームを創業。その後同社を大きく成長させた。そのほか筑後商工会議所会頭などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勘はルーティンの仕事をしていても鍛えられない。想定外なことや思わぬことにチャレンジしていないとダメ。

現実から、一歩も逃げ出さず、がっちり受け止めて勉強してください。

トップの表情を社員みんなが見ている。明るくしていた方がいい。トップが眉間に皺を寄せていたら社内は不安になる。

GEは数多くの落伍者を出しつつも、多くのリーダーを育成してきました。それは、同社が才能のある人を多く採用したからではありません。社員の力を伸ばしてきたからです。社員がやる気になるように仕向け、成功の手助けをすると同時に、失敗を受け入れてきたからです。

常に口答えしたり、報告を怠るなど、上司に従うことを潔しとしない態度はいけません。歯向かうのはあなたにとってマイナスです。有名社長の立志伝を読んで誤解してはダメなんです。たしかに、平社員時代に上司と折り合いが悪く、勝手に行動したエピソードを武勇伝として書く人もいます。でも、ケンカしても、会社は上司の味方なのです。人事異動などで上司は数年で替わることもあるのですから、逆らうのは控えたほうが無難。

いまは俳優の世界も一般論で語られてしまう。ただ逆に言うと、そういう閉塞感の中から、次の世代の子たちが、より自由なものを作りだしていくのかもしれないよね。本当は「俺自身が先頭に立って、全部を改革していく!」くらいのことを言った方が正しいんだろうけど。

すべての投資が成功するわけではない。むしろ、失敗の方が多い。しかし、大ホームランを逃さないように、私に投資情報を上げるように言っている。

「山本寛斎はいつも元気で明るい」と言われますが、これまで順調に歩んできたわけではありません。人生の7割は葛藤でした。危機に直面してもだえ、どう乗り越えようかということばかり。いつもこれでいいんだろうかと迷いつつ、でもやはり自分はこれがやりたいんだと、遮二無二走ってきました。

いままでの日本経済は伸びる一方だった。しかも成長のテンポが予想以上に速かった。だが最近は事情が変わった。作ったから売れるという時代ではなくなった。売れるものを、売れるだけ作る。売れないものは、早く作るのをやめる。マーケットに従って生産をいかに上手くコントロールするかが、これからの大きな課題だと思う。

名刺で仕事をするな。

ページの先頭へ