ビル・ゲイツの名言・格言|効果が最大になるチームの条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

自他ともに認めあった頭のいい少数の人間で仕事をするとき、効果は最大になる。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の世代は「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命にやれば、プレイも命がけでする。それが若者ではないか。

僕個人の意見を言うとね、およそ物事に100%ということはあり得ない。人間ですから。だから「99%駄目だ」ということは言えても「100%駄目だ」ということは言えないんですよ。人間ですから。そこで僕は言っているんですけどもね、「あれは、99.99%駄目だ」と言っているんです。

トヨタの連結ROE(株主資本利益率)は7%で、ビッグ3と比較すると低いと言われますが、そんなに高く持つ必要はないのではないかと考えています。もちろん、高く持つに越したことはないのですが、会社の発展の度合いによって数字は違ってくるものではないかと思います。

私が七十歳のおじいちゃんに見えますか?(覚書き|71歳で来日した時、引退後の後継者は誰ですか?と聞かれたときの発言)

世界の競合他社よりもひたすら良い仕事をしてきただけのことだ。(覚書き|億万長者になった秘訣はと問われたときの言葉)

リーダーシップには5つの特質がある。一つ目はポジティブなエネルギー。ふたつ目はエナジャイズ。エネルギーを周りの人に吹き込む能力。三つ目は決断力。第四は実行能力。そして第五の特徴はパッション。情熱だ。ポジティブエネルギー、エナジャイズ、パッションは基本的に生まれ持ったパーソナリティの問題だ。だが、決断力と実行能力の最高の教師は、ビジネス最前線での戦闘だ。

経営者は従業員の信頼を得られる人物であること。これは従業員を信ずることでもある。つまり相互信頼の確立。これが欠ければ企業は成り立たない。

Be daring.(勇気を持って)Be first.(誰よりも先に)Be different.(人と違ったことをする)

信用とは誠心誠意ということです。私の業界を見ても、トップの人たちはうまいことを言うが、下に行くと全然違うことをしている。三菱電機も同じで、あまり安売り競争をするから理由を聞くと、他社がやるからというのです。公明にやるのは難しいものです。

いまや、ある規模以上の企業ではスーパーマンに頼る経営は通用しない。いろいろなタイプの人材をさまざまな分野に適時展開するのが経営である。

ページの先頭へ