茂木健一郎の名言|何歳になっても、自分が今までやったことがないことに挑戦する人は若々しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

何歳になっても、自分が今までやったことがないことに挑戦する人は若々しい。


茂木健一郎 の経歴

茂木健一郎、もぎ・けんいちろう。日本の脳科学者、理学博士、コメンテーター。東京都出身。東京大学理学部物理学、東京大学法学部をそれぞれ卒業。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、理学博士号を取得。理化学研究所国際フロンティア研究システム研究員、ケンブリッジ大学生理学研究所研究員、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチー、東京藝術大学非常勤講師、東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻連携教授、早稲田大学国際教養学部非常勤講師、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別研究教授などを務めた。脳科学についての一般向けの解説書を多数執筆。また、テレビ、雑誌、新聞などのマスメディアで積極的に活動し、様々な社会問題について評論活動を行った。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は「日本を元気にする」という類の議論は無責任だ、と書いたことがあります。これだけ多様化し成熟した社会で、「日本をどうする」といってできるものではない。個人や企業が努力して、その個が集まって全体が変わっていくというのが本筋だと思います。

私はこの地で踏ん張るつもりです。鍋や釜のようなものからでも製品に仕上げて、気仙沼で作ったものを全国に発信する。そうでなければ復興の意味がないですから。いろんな意見があるだろうけど、私は、復興ってその地域が自立してやらなきゃ意味がないと考えています。
【覚書き|東日本大震災で大きな被害を受けた地元気仙沼の復興活動について語った言葉】

販売員は「週休3日制」と言うと驚く人もいます。でも1日10時間働けば、週4日勤務で40時間。8時間を5日間と同じですからね。週1日はスポーツをして、経験を積んで、ついでに明るく元気になってもらえばいいじゃないですか。

社長は廊下を歩くとき、下を向いていてはいけません。背筋をぴんと伸ばして、社員の目を見て、「がんばってるか」と声をかけ、皆に元気を与えなければいけない。

「皆がうすうす思ってはいたけれど、明確に意識していなかった」、そんな感覚を切り取って示すことで、驚きと共感を喚起できる。

一生懸命仕事に取り組むことで自然に元気が出ますから、その意味では最大の健康法は仕事なのかもしれません。

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。

ページの先頭へ