山海嘉之の名言|サイバーダインの目的は社会と産業の変革

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバーダインの目的は「社会変革・産業変革」を起こすことです。単にテクノロジーをつくり出すだけでなく、またそれを製品として出荷して終わりということでもありません。多くの人に使われて、社会の経済サイクルに入ること。テクノロジーを社会に実装していくことです。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人材として困るのは、仕事の選り好みをしたり、自分の専門性に拘泥して、仕事の入り口を限定してしまう人です。

朝出社したら、5分以上を要する仕事はすべてスケジュール化し、一日の予定を組んでしまうことです。そのうえで顧客の急な依頼が入った場合、緊急を要する事情を聴きだして、本当に必要だと判断したときだけスケジュールを組み替える方が賢明です。予定が詰まっていれば、顧客にもその日に訪問できない理由を説明できるはずです。

ずっと体育会系で育ってきていますが、若い選手は怒られ慣れていません。僕らのときとは違います。いいアドバイスをしたとしても、こっちが怒鳴ったりイラついていたりすると、言葉は相手に届きません。

ITの世界では「ベータ版」という開発途上の製品を出すのが普通です。完成度は未熟だが、とりあえず使ってみてくださいというものです。そして、こうした未完成品を消費者は普通に受け入れています。異業種の経営者もこうした世界観を理解し、自らの業種におけるベータ版は何かを定義づけられれば、経営にスピード感が出てくるはずです。

私のノートの理想はレオナルド・ダ・ヴィンチです。彼のノートの中には、おびただしい数のスケッチや鏡文字に加えて、その時々の思いや、詩や論文まで記述してあります。仕事もプライベートもまったく分けていない印象です。手書きのノートのよさは、自由度が高いことです。感情まで込めることもできますし、仕事とプライベートをときにリンクさせ、相乗効果を発揮することもできます。

その会議の結果が素晴らしいプロジェクトとして花開いて、いつまでも人々の記憶に残ることはあっても、会議で誰が活躍したかなんて、誰が覚えていますか。

たくさんの目標をすべて達成するのは難しいでしょう。ですから、「目標はなるべく少なく、最も重要なことに絞る」のがコツです。

ページの先頭へ