山海嘉之の名言|追いつき追い越せ型ではトップを走ることはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで「追いつき追い越せ型」の人材が日本を発展させてきました。アンテナを張って、世界の動きをぱっと掴んで、フォローアップしていく。学習能力の高い人ほど優秀だとされてきた。しかし、こういう人では、トップに近付くことはできますが、トップを走ることはできません。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アメリカのいいところは、「社会にいいものなら応援してもらえる」ということです。しかも女性やマイノリティーが優遇されているため、日本よりも女性が起業しやすいと思います。20年前の日本でネイルサロンを開業した時は、私ではマンションの一室が借りられず、父親の名前を借りて契約しました。でもアメリカでは、事業内容さえ良ければ女性だからといって断られることなんかありません。

今ではジムに通って運動をしたり、事務所に向かうまでに一駅分歩いたりと、体を動かすようにしています。また、歩く間にいろいろなことを考えると、リラックスした状態で脳が活性化されるのか、良いアイデアが浮かんでくることがよくあります。

後継者と目される人たちは、ごく小さいうちから「会社を継がなければいけない」という意識を持っていることが多いようです。また「親から仕事の話を聞かされることが多かった」「仕事の現場によく行った」という人が目立ちます。もちろんいまは親が子の将来を決められるという時代ではありませんが。

謙虚に頭を垂れる、そういう心持ちでいると、結果的に多くの人からの支援やエネルギーを引き出せることが多い。

私はビジネスパーソンを対象にした研修の講師を務めることが多いのですが、「残業を減らす方法を教えてほしい」という要望は、最近とくに多くなっていると感じます。そうした方々にはまず、自分の時間の使い方を記録して、それを分析することから始めてもらうのですが、そこで愕然とする人も多いようです。その人自身としては、「仕事量が多い」「予定外の仕事が発生する」といった理由で自分の残業が多くなっていると思っていたのに、どうもそれだけが理由ではない、という事実がわかってくるからです。

歴史あるブランドの改革を迫られた時、多くの経営者が頭を悩ますのは、何を守り、何を壊すのかということでしょう。メスの入れ方を違えば、ロイヤルティーの高いお客様を失うばかりか、ブランドの歴史や価値を損ないかねません。そうなるとブランドは終わってしまうでしょう。私はその解を、お客様が期待する店の姿を知ることで見極めました。

普段から頭の中でしょっちゅうシミュレーションをしてみるといい。それを繰り返すと、想定外の出来事が起きた時の対応力が高まる。

ページの先頭へ