山海嘉之の名言|立ち上がったばかりのベンチャーをダメにする言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチャーが立ちあがったばかりの柔らかい時期に、「来期にはこれだけの収益を上げてくれ」「こちらの事業を先にやってくれ」などと(株主に)いわれると、せっかくのチャレンジができなくなります。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しいイノベーションを自社だけで創出するには限界があります。企業が、社外のベンチャー企業などに投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)でイノベーションを取り込むことも有力な手段の1つであり、M&Aの1類型といえます。

優れた政治家は、アジテーションとスピーチをうまくミックスする。

簡単な道を歩くと競合に勝てない。だから、あえて困難な道を歩くことが大事。

嫌な仕事にかかる時間は長く感じるものです。苦手な相手に電話をするのは腰が重いものですが、実際にはせいぜい1~2分ですみます。長くても5分に満たないでしょう。「電話をしたくない」という思いが、そのちょっとした仕事を、とても大きなことに思わせるのです。「たかだか数分だ」とわかれば、嫌な仕事でもさっさとすまそうと思えるはずです。

「自分がいなければ回っていかない」は、どんな場合でも誤った信念。誰にでも病気にかかるリスクはあるし、そのために休める環境でなくてはいけない。本当に職場になくてはならない人ならば、自分がいなくても回るような職場をつくっていくことができるのではないだろうか。

海外進出の際は現地の弁護士や公認会計士、コンサルタントを見つけることが大切です。現地に適したビジネスの仕方をしなければいけません。

消費者が気が付いている問題の解決と、そうではない潜在的な問題の解決の2つがありますが、どちらが重要かと言えば、後者です。前者は、市場調査をすれば誰もが気が付くもので、すぐにライバルにマネされてしまう。だから、私は市場調査が嫌いで、「コンシューマーインサイト」と称して市場調査の結果から分かった気にはなってはいけないと、社内で強く言っているのです。

ページの先頭へ