フィル・ナイトの名言・格言|なぜ皆がナイキの商品を愛用するのか

消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。

フィル ナイト の経歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間の能力は有限です。自分の限界を知って、断るべきときに断れる人の方が最終的に信頼されると思えば、ノーと言う勇気も湧いてくるはずです。頼まれた仕事をやる時間がないなら、「できません」とストレートに告げるのではなく、「いまこの作業をしている最中です。頼まれた仕事に手を付けるのはそのあとですが、どうしましょうか」と説明します。スケジュールが間に合わなければ相手は依頼を控えるし、相手がいまの作業のあとでもいいというなら、順次取り組めばいいだけです。

そのうち仕立て屋に疑問を感じるようになった。雑多なものを古めかしくつくっているのではいくらやったって駄目だ。これから見込みのある足袋を専業にしようと考え始めた。福助足袋などが盛んにやっているのを見てヒントを得たわけだ。
【覚書き|実家の仕立て屋を父親に代わって切り盛りしていた当時を振り返っての発言】

海外事業は開発体制を含めた現地化に尽きるでしょう。フェイスブックやグーグルといった米IT大手は、米国から全世界にサービスを展開しています。僕らが米国に進出した3年前は、日本から米国向けのサービスを開発していました。しかし、それでは現地の声を全然吸い上げられないので、徐々に現地へエンジニアを赴任させるようになりました。現在はさらに踏み込んで現地採用を加速しています。

上司からの「おまえは向いていないから、コンサルタントを辞めたほうがいい」という忠告を、当時の私は、納得することも、否定することもできませんでした。本当にそのとおりなのか考えようにも、まだ若くて考えられなかったのです。そこで私は、とにかく、今、自分ができることに意識を集中させました。

技術者に負けない知識を持っているから、メーカーに注文もつけられる。

誰かが何かを実現すれば、それに呼応する人が少なからずいるはず。

諦めこそが会社も、そしてあなたの人生をもつまらなくする。

今の時代において何を善とし何を悪とするかと尋ねられれば、人に対して、その人の好まないことを仕向けないのが善であり、それと反対の行為が悪であると答えよう。

野球もエースだけではチームになりません。さらに選手と監督では求められる要素が違います。私は本田宗一郎氏もよく使われた「得手に帆をあげて」という言葉が好きで、個々人の得手(強み)を見出して活躍の場を与えるのが要諦と考えています。

景気のいいときに転職できたからと安心せず、意識的にスキルを磨くことが大切。評価されるだけの実力があれば、たとえ景気が悪くなっても、いい転職先が必ず見つかります。

ページの先頭へ