フィル・ナイトの名言・格言|なぜ皆がナイキの商品を愛用するのか

消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。

フィル ナイト の経歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

株主に利益を供与するために、良いサービスや商品を作って売るわけです。それで顧客は満足する。ビジネスが成功すると、税金もたくさん払うことになるし、お金持ちが大金を投資するようになる。それによって経済が活性化され、結果的に社会に貢献するようになるわけです。順番を間違えてはいけないのです。シンプルに株主のためにと考えることができないので、どの要素も中途半端になってしまうのです。

堀江貴文の名言格言|多くの社長が錯覚している事業の順番


もしその事業が本当に日本の為になるもので、しかも住友のみの資本では到底成し遂げられない大事業であれば、住友はちっぽけな自尊心に囚われないで何時でも進んで住友自体を放下し、日本中の大資本家と合同し、敢然之を造上げようという雄渾なる大気魄を絶えず確りと蓄えて居ねばならない。

伊庭貞剛の名言 格言|もしその事業が日本のためになるなら自社だけでやることにこだわるな


私は医者や弁護士であっても、専門家の言うことを鵜呑みにはしない。ときには素人の発想が正しいこともある。素人だからこそ常識を超えた発想ができる。人間はなまじ知識があるから本質がわからなくなる。知識よりも知恵を出せ。机の上でいくら思案しても優れた発想は生まれてこない。

安藤百福の名言格言|専門家を鵜呑みにしてはいけない


社長の守備範囲はとても広いので、これが狂うと組織の作り方はもちろん、従業員の役割分担まで大きく狂ってしまいます。経営全体に大きな無駄が出る。当然業績が悪くなります。組織の効率を高めて業績を良くするには、名誉上の役職と実質上の仕事内容をはっきり区別しなければならないのです。

竹田陽一の名言・格言|社長の守備範囲をきっちり決める


商売はスピードが勝負ですから、リスクとリターンのバランスでシンプルに即座に判断することが必要になってくるのです。たとえばうちの社員が「今度始める事業が成功するかどうかわからないんですよ」と悩んでいるとします。そこで僕が言うことは「リスクとリターンだろ。費用はいくらかかるの?10万円?だったらやれば」です。リスクが10万円で期待リターンが1000万円だったら何も考えることはない。すぐにやればいい。失敗したって10万円なんだからやっておけばいいじゃんという話です。各自自分のとれる範囲はわかっているはずです。リスクが少ないと判断したら何も考えずすぐに実行すればいい。

堀江貴文の名言格言|リスクの計算方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ