フィル・ナイトの名言・格言|なぜ皆がナイキの商品を愛用するのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。


フィル ナイト の経歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

健全に会社を回していくという、それに尽きるんです。思わぬ事態が思わぬタイミングで発生したりする中で、どうやったら少しでも会社を長く継続できるかを考えること。社員にとっては、安定した環境の中で面白い仕事ができたり、自分の成果に合わせてきちんとお給料が上がるということが一番だと思うんです。ですから、それをまずちゃんとできるようにしていかなくちゃいけない。今はそれが最大のリーダーシップなんじゃないかと思います。

幼いころから、私は不必要なステップを省略するのが大好きだった。だから、私が卸売業者の排除を基本とする会社を設立したのも、当然といえば当然だと思う。

自分に対しては、損と得とあれば損の道をゆくこと。他人に対しては、喜びの種まきをすること。

昭和24、5年の苦しさは私の骨身に徹した。こんなことは2度と繰り返したくない。普段からあらゆる場合に対処できるよう、石橋を叩いて渡る経営に踏み切ろうと固く誓った。【覚書き|戦後まもなくの頃、営業不振で銀行取引停止寸前まで経験した時を振り返った時の言葉。なんとか乗り切るも経営危機はつらい経験だったため、以後シャープは健全経営ひとすじで会社を切り盛りする体制が形作られた】

同じ悩みにとらわれず、こだわらず、新しい時代に新しい気持ちで対応していくことで、自分の生きがいを見つけていかなくてはなりません。世の中の変化に対応していけないところに悩みが生まれます。この世の中は生々流転の世であり、常に自分も変化しているのだということをはっきり認識することが大事である。

苦しい時には誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は現場にも伝わった。

たとえば、誰かが道を歩いていたとする。Googleが集めたその人の情報によって、私たちには、あなたが大体どこにいるか、大体どんなことに関心があるか、大体どんな友だちがいるかわかるのです。

技術革新が急テンポで進み、めまぐるしく市場環境が変わる時代のリーダーはまず優柔不断では駄目。早く的確に判断し、その結果に責任を持つという姿勢が要求される。加えて、国際的な感覚も磨いておかないと変化に取り残されてしまう。

トップが現状肯定をしたときから、その会社の老化が始まる。経営者というのは絶えざる現状否定論者であるべきです。

創造的な仕事とは、高度な技術を開発するということばかりではない。今日よりは明日、明日よりは明後日と創意工夫をこらし、改良、改善を積み上げていくことである。一人ひとりが自分の持ち場で、もっと能率の上がる方法はないか、昨日の欠点をどうしたら直せるか、考える習慣をつけることだ。

ページの先頭へ