小山昇の名言|事業部長程度の力では、会社を運営することはできない

社長就任当時の当社は今とは大違いでした。社員の20%もが不正をしているような状態。社長に就任してからも、古参社員が言うことを聞いてくれない。そこで私がとった戦略は、1年間、まったく口出しをせずに、幹部に自由にやらせることです。すると、その翌年、幹部たちの計画はことごとく失敗していました。それもそのはず。事業部長程度の力では、会社を運営することはできないのです。社長を経験していた私には、それがわかっていました。

小山昇 の経歴

小山昇、こやま・のぼる。日本の経営者。株式会社武蔵野の社長。山梨県出身。東京経済大学卒業後、ダスキンの加盟店を中核とした日本サービス・マーチャンダイザー株式会社(のちの武蔵野)に入社。その後、独立し貸しおしぼりのベリーを創業後、再び同社に戻り社長に就任。赤字続きの同社を改革し高収益を叩きだした。その他ダスキン本社の顧問などを務めた。ユニークな経営手法で知られ、自身の体験談をもとにしたビジネス書の執筆し、講演会を各地で開いている。主な著書に『仕事ができる人の心得』『儲かる仕組みをつくりなさい』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『社長! 儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生きることは、忘れながら前に進んでいくことでもあると思っています。

重松清の名言|生きることは、忘れながら前に進んでいくこと


共に過ごした先輩や同級生、下級生も貴重な存在です。同じ釜の飯を食べた仲だけに、今でも強い結び付きがあります。全国で舞台公演の仕事がありますが、各地で仲間が応援に駆け付けてくれることもありますし、同窓会を開くこともあるんですよ。

高汐巴の名言|同じ釜の飯を食べた仲だけに、今でも強い結び付きがある


その人のパフォーマンスはその人物の総和によってあらわされる。トータルの力を磨くことが必要。

古森重隆の名言|トータルの力を磨くことが必要


企画書を書く時間、メールを返信する時間、会議に費やす時間を計ることで時間の見積もりの精度が高まります。実際にタイマーで計ってもいいですし、ネットやスマホにある高機能のタイマーアプリで計測してもいいでしょう。またついでに、非生産時間がどれくらいあるかを知ると、スキマ時間発見のきっかけになります。

村上崇の名言|仕事の効率化は時間の計測から


採算性の低い事業を大胆に見直し、自社の強みに変える。IoTを活用して、顧客囲い込み型の新しい事業モデルをつくり出す。今は、そのような課題に、短い時間軸の中で対応しなければならない時代。それがうまくいっているのは、ミドルがよく機能している会社。

木村尚敬の名言|うまくいっているのは、ミドルがよく機能している会社


「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」が私のモットーです。

三枝利行の名言|過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる


社員教育で工夫していることは、現場で仕事を任せるということ。どんな仕事もそうだと思いますけど、まずは仕事を任せて、その中で自ら考えていけばいい。

山口ひろみの名言|まずは仕事を任せて、その中で自ら考えていけばいい


何のために働くのか。このことを社員に理解してもらわなければいけません。

伊藤謙介の名言|何のために働くのかを理解してもらうことが大切


一番苦労したのは、新しくIT関連事業に進出した時です。「事業を任せること」と「マネジメントを任せること」を混同してしまった結果、マネジメントにおける失敗をしてしまいました。何とか3年ほどで這い上がりましたが、それ以降「全てのマーケティング、マネジメントは自分でやる」と決めています。

藤田恭嗣の名言|「事業を任せること」と「マネジメントを任せること」は違う


27歳のときにお笑いでデビューした私にとって、30代は本格的に演技というものに取り組み始めた時期でした。多くの映画やドラマ、舞台に出演し、ときには自分が映画監督も務めました。そういう経験ができたのは、素晴らしい人たちとの出会いのたまものだと思っています。

竹中直人の名言|人との出会いの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ