ジャック・ウェルチの名言|自分の運命は自分でコントロールすべきだ

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。何もしなければ、いずれ誰か他人にビジネスのやり方を変えられてしまう。ならば、自分達で変えてしまった方が良いに決まっている。

ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。アメリカの経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO(最高経営責任者)。マサチューセッツ州出身。マサチューセッツ大学卒業、イリノイ大学で博士号を取得。GEに入社。副社長、上席副社長、副会長などを経て会長CEOに就任。GEの経営再建を達成。米経済誌『フォーチュン』で「20世紀最高の経営者」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

消費者は「その商品が価格に見合った内容か」ということに対して非常に敏感。

今IoTというキーワードが話題となっていますが、その部分の通信だけを担うだけではなく、「IoTで何をするのか」というところまで含めて、仕組みを提案していく会社にしたいと考えています。そうしていくことで、競合が増えても当社からスイッチしにくい状況にしていく狙いもあります。

日本には、まだどの国も解決したことのない課題が山積しています。資源のない国土におけるエネルギーの不足、都市化による環境汚染やヒートアイランド現象、高齢化と少子化など、世界に先駆けて問題に直面した日本は「課題先進国」を脱して「課題解決先進国」になることこそが活路だと私はよく話しています。

ひとつの事柄で自分の人生が大きく変わったわけではなく、すべての出来事の積み重ねがいまを作り出している。だから、「人生の転機は?」というと、「これまでのあらゆる出来事が、転機になった」。そんな答えになるんじゃないかと思います。

長丁場を戦っていくうえで、「小さな目標」をつくっておかないと途中で中だるみしてしまい、優勝という大目標には到達しにくい。

いまアミノ酸は、サトウキビを発酵菌に食べてもらってつくっています。発酵菌は人も食べられえる食料です。今後は、ある意味人間が食べられるものを使わないで発酵するような技術がつくることができれば、人類にとって意味が大きいでしょう。

これまではコンビニ業界全体が成長し、みんなでパイを分け合ってきた。これから日本は人口が減っていく。1店当たりの来店客数は減ることになり、客の取り合いが激しくなる。そう考えると、質を高めていかなければならない。

どこよりも親切に。日本一気分よく買える店を目指す。最後は何と言っても人で決まる。

余力があるうちに別の世界に飛び込み、新しいことに挑戦した方がいいと思った。
【覚え書き|通算200勝を目前に引退を表明したことについて】

マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。我々は顧客のニーズに応じて優先順位を決めている。

ページの先頭へ