ビル・ゲイツの名言・格言|ときには直観を信じよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

たびたび、直感が頼みの綱になる。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何をやってもうまくいかないときも必ずあります。そうした局面で何をしたか、どう対応したかによって、その後の展開が大きく変わります。じっと辛抱して持ちこたえていれば、不思議と運は開けてくるものなんです。

人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない。

前に進むべきか退くべきか迷った時は簡単な原則に戻る。すなわち、5年後、10年後に採算がとれるか、会社の発展につながるか、これをチェックすればおのずと結論が出る。

現場も頻繁にまわります。地方の小さい支社の営業職員の大会や懇親会にもよく出席します。第一線の営業職員とじかに話ができますから。トップは現場に近くないとだめです。現場の営業職員から聞いたことが、私のエネルギーになっている。だから私は彼らの要望を聞くんです。要望を聞くからには実行しなくてはいけません。現在も、何十という宿題を抱えています。

どうして世界に先駆けてCVCCのようなエンジンができたかと言うと、物事の本質を考え抜いたからだと思います。考えに考えて、ようやく最後に行きついたのです。とことん考えているから、これと決めたら後戻りしない。これが本質論です。

失敗が続くと次第に社員の間でトップを見る目が変わってくる。その孤独に耐えながらリカバリーショットを打つ。それが経営者の生きがいであり、喜びである。

私と言う人間は世界でただ一人です。他人より少し違ったところがあるはずだ。それを表現する方法はないかとずっと考え続けて事業をしただけです。リーダーシップとは何かといいますが、経営にはその人の生き方そのものが表れるのではないでしょうか?

ページの先頭へ