前川孝雄の名言|相手から余計な反感を招かないコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の意見は絶対に正しい」と決めつけないことが、相手から余計な反感を招かないコツです。


前川孝雄 の経歴

前川孝雄、まえかわ・たかお。日本の人材活性化コンサルタント。兵庫県出身。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。リクルートで『リクナビ』『就職ジャーナル』『ケイコとマナブ』『好きを仕事にする本』『Tech総研』などの編集長を務めた。その後、人材活性化コンサルタントとして独立しFeelWorksを設立。主な著書に『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』『若手社員が化ける会議のしかけ』『部下を育て、組織を活かす はじめての上司道』 『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』『上司力100本ノック 部下を育てる虎の巻』『冷めた組織に火をつける 組織「再起動」プログラム』『女性社員のトリセツ[取扱説明書]』『頭痛のタネは新入社員』『上司より先に帰ったらダメですか?』『サバイバル・コミュニケーション術』『上司力トレーニング』他多数。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

互いに自由を妨げない範囲で、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。自由とは、すべての特権を有効に発揮させる特権である。

私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。

うそつきは、真実を語っても信じられることはない。

他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。

いろいろな企業と付き合いのある仲間からの情報は貴重だ。なかには運命を決めるような情報だってある。人付き合いをやめたばっかりに、そんな情報が入ってこなかったら、それこそ運命にかかわるんだ。いま仕事が大量に入ってきているからといって、それだけに目を向けていたら、値引きが必至な三年先のダメージは計り知れないってことになる。実際、そんなことで潰れていった会社を、俺はたくさん見ている。

高麗橋の吉兆から教えられたことがあります。私が下足番の方と一緒に、数人のお客様を出迎えていると、その下足番の方がお客様が乗ってこられた車の運転手に駐車場の駐車スペースを一台一台指示しているんですが、これにはちゃんとした理由がありました。実は会食が終わってお客様が出てくる順番に車を入れるように指示していたんです。「なぜ帰る順番がわかるのか」と尋ねると、「人間というのは変わらない」と言うのです。つまり約束の時間より前に来る人、時間調度に来る人、遅れてくる人の順番と言うのは、会合が終わってぱっと出てくる人、トイレに行ってから出てくる人、まだしゃべっている人というように帰るときも同じだという。それが人間の性格なんです。

若くして人間関係に悩んでいる人に言いたいのは、その時その人、クラス、学年という目線で好かれることしか考えていないために、結果的に意気地がない、陰気な自分を作ってしまうケースが多いので、もうちょっと広い目線で自分を作っていく意識を持つことがただ一つの改善案だと思います。

ページの先頭へ