フィル・ナイトの名言・格言|起業して成功したいなら、働いて働いて働き倒す覚悟が必要

レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。

フィル ナイト の経歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

慌ててしまうと相手にも伝染し、どんどん空気がぎこちなくなっていく。ゆったりと構えることが重要。焦らないでください。

変化させたければ、批判されることを恐れてはいけない。

「作るのは難しいが、だからこそやってやる」という負けん気が発揮される。

自分の考え方の特徴がわかると、行きすぎた考えにブレーキをかけて、冷静に現実に目を向けやすくなる。

ゼロから何かを生み出す者がイコール、優れたリーダーであるということが珍しくありません。米国が何度も何度も間違いを犯し続けているにもかかわらず、上手くやってきたのは、起業家精神を高めることに成功してきたからでしょう。

本棚に収まりきらない本は、思いきって処分するのもよいでしょう。今後も読むことがあるかもしれないと思うものは、私の場合は、スキャンして電子データとして持っておくことにしています。

「会議を見れば、会社がわかる」。キリンビールを辞め、多くの経営相談を受ける立場になった私が今、確信していることです。たとえば、上の人間が指示を出すだけで議論など皆無、部下はそれを聞くだけの会議をする会社。間違いなくワンマン企業です。あるいは議論がダラダラと続くだけで、結論に至らない会議ばかりの会社は実務能力が低い。必ず業績が下がるといった具合です。そして、会議を見れば会社がわかるように、「会議が変われば、会社も変わる」んです。

顧客に満足してもらうことは当たり前のことだが、そこからさらに深く掘り下げて、当社に愛着を持ってくれる“熱狂的なファン”になってもらうことが大事だと思っている。

損害回避の傾向が強い、何事にも心配をしがちなタイプの顧客には、その心配を払拭できるよう、他者の成功事例や合理的なデータを示しながらアプローチしていくとよい。

限られた時間で情報を入手し、自分で考えて自分で判断するしかないんだ。そして責任はすべて自分で負う。

ページの先頭へ