天坊昭彦の名言|事業を通して国に貢献する

今もこれからも、日本のエネルギー安全保障に貢献することが出光の使命です。日本にとって石油は最も大切なエネルギーであり、国内の石油事業が出光にとって最も大事な柱であることに変わりはありません。

天坊昭彦 の経歴

天坊昭彦、てんぼう・あきひこ。日本の経営者。出光興産会長。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、出光興産に入社。出光ヨーロッパ社長、取締役、経理部長、常務、専務などを経て同社初の創業家外からの社長に就任。出光興産を東証一部に上場させた。そのほか、石油連盟会長なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コマツの社長時代、私は象徴とも言えた本社屋上のブルドーザーの模型を撤去することによって、経営の多角化、グローバル化を進める方針を社内外にわかりやすく宣言したのです。

結局、高い目標を達成するためには、計画の作り方と、その計画を実行するための土壌や仕組みから変えていかなければならないのです。

私はそもそもNTTにいた人間ですから、NTTとの関係は是々非々で行けばいいと考えているのです。NTTが右へ行けといって、右の方が正しいと判断したら右へ行けばいいし、違うと思ったら左へ行けばいい。まずはドコモ内部でのベクトル合わせが重要であって、NTTグループの中では、ベクトルを合わせるべきだと思えば合わせればいいし、合わせる必要がないと思えば合わせなければいいのです。

一流選手だからといって、身体的な才能に恵まれているとは限りません。身体的な才能はどうにかなるんです。たとえ足や手が短くても、短く見えないようにする方法はいくらでもあります。それよりも大事なのは、何か壁にぶつかったときに諦めずもっと頑張ろうと素直に思える「心の才能」。これがなかったら、一流になることはまず無理です。シンクロに限らず、ほかの競技でも同じだと思います。

現代において産業競争力がある技術とは、アナログ的な手間をかけて大規模かつ複雑に組み上げられた、まねしにくいもの。

楽観的に考えるか、悲観的に考えるか。ものごとの捉え方が重要です。これは10年以上、会社を経営してきた中で学んだ経験則です。

「フォーチュン500」に登場するようなグローバル企業のCEOと会って議論する機会があります。まず求められるのは、世界はどのような方向に向かっているのかという視点。そうした大枠を自分の言葉で説明できないと議論は始まりません。自分なりの世界観を持つには、歴史や文化など幅広く勉強して人間力を磨く必要があるのです。

自分の力を過信すると、ろくなことはありません。新たな情報を得ようとしなくなるし、アンテナをどんどん自分で閉じてしまう。

これまで多かった女性に対するセクハラの訴訟では、被害者の発言のほうが信用度は高いと判断されてきました。少しでも疑いをもたれるような言動はするべきではありません。

良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。

ページの先頭へ