ヤンシー・ハイの名言|顧客と市場の近くに研究開発センターを置くメリット

当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。

ヤンシー・ハイ の経歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数字の効力を意識すれば、たとえば誇大広告の数字のマジックなども見破ることができます。見かけの数字に惑わされず、冷静な判断を下す。「表現としての数字」は、人を説得する場面だけでなく、物事を判断する際にも、ビジネスパーソンの強い味方となってくれるでしょう。

山田真哉の名言|冷静な判断をするためにも表現としての数字を知っておくことは強い味方になる


医者の世界では出身大学にこだわる人が多くて、学会などで他大学の先生に質問するなんてとんでもないと言う人もいます。でも、私は若い頃からどんどん他の大学の先輩研究者たちに質問しに行きました。「うちでこういう手術があるんですが、どうしたらいいでしょうか?」と聞くと、どの先生も快く教えてくれました。当然ですよね。より良い治療という同じ目的に向かっている仲間なのですから。

築山節の名言|聞きたいことは気後れしないで聞くことが大切


住友グループには、住友家の家訓をベースに400年続いた「住友の事業精神」というものがあります。「信を重んじ、確実を旨とする」がエッセンスです。それを、これを、(元社員が)こともあろうに簿外取引などという行為で汚してしまった。悔しかったですよ。社員との対話集会でも「いま一度、住友事業精神の原点に戻ってくれ」と口酸っぱくして言いました。

宮原賢次の名言・格言|社員にモラル向上を口酸っぱく言う


相手がずいぶん失礼なことを言ったり、微に入り細に入り、時にはネチネチと攻撃してくる場合があります。そんなときは「そうおっしゃるのも、ごもっともですね」とひとこと言ってみてください。本当に「ごもっとも」と思っていなくていいのです。「あなたの質問を受け入れましたよ」というサインを発信しましょう。そのことでほんの一瞬ですが、相手は肩すかしを食ったような気分と、自分の意見が受け入れられたという満足感を同時に味わうことになります。その時間が大事なのです。

佐藤綾子の名言|攻撃されたときの対処法


ヘディングのコツは思い切って飛び込むこと。すると、相手も足を引きますから。ディフェンスとフォワードの勝負では、思い切り体を張った方が勝つ。

岡崎慎司の名言|思い切り体を張った方が勝つ


そもそも株式のデータベースに頼ること自体がまずい。私たちは、電卓もない時代からやってきたわけです。過去10から15年分の財務諸表を洗い直して、裏紙に手計算で分析してきました。そうやって原データを丹念に読み込んでいくと、小さな項目の変化も見逃さなくなります。

澤上篤人の名言・格言|原データを読み込んでいくと、小さな項目の変化も見逃さなくなる


戦略というのは「総花的になんでもやります」ということでは人数の多いところ、カネのあるところに敵わない。一点集中するしかあと追いでは勝てない。

孫正義の名言|一点集中するしかあと追いでは勝てない


社員は入社して半年ほど経つと「むすび研修」を受けます。初対面で全く知らない人と膝を突き合わせて相対します。誰でも警戒しますが、笑顔一つで緊張感がほぐれたり、お喋りを何十秒かするだけで、どんなに心が打ち解けていくか体験します。だから自分から話しかけることがいかに重要か、緊張をほぐす方法を知るための研修を用意しています。

小林佳雄の名言|自分から話しかけることが重要


アジアは意思決定のスピードが速くて、財閥系の大きな企業でも2回目の会合で出資割合が決まったりします。何度も本社に持ち帰って条件をすり合わせるというやり方では、ついていけない。僕は1か月に1週間はインドにいるので、話は早いと思います。

徳重徹の名言|意志決定のスピードを上げることが大切


完璧に条件が揃うまで待ったり、不安を理由に手を出さないようでは、いつまでもできないまま。大きな問題は余体像に目がいきがちですが、まずは目の前のことを懸命にやるべき。小さな事から手をつければ、必ず成功します。

和田秀樹の名言|小さな事から手をつければ、必ず成功する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ