ヤンシー・ハイの名言|アフターサービスは素早く

アフターサービスでは、お客さまへの対応は翌日にすぐ行うなど、顧客第一主義で取り組んでいます。製品のライフサイクルが短くなっている昨今、この強みはより大きな意味を持ってくるはずです。

ヤンシー・ハイ の経歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は、プライドというのは絶対感だと思う。僕がバカであろうと、非力であろうと、それがオレだ、そういう自分全体に責任をもって、堂々と押し出す。それがプライドだ。

岡本太郎の名言|プライドとは


わざと名刺を忘れて営業先などに向かうこともあります。現場で名刺交換する際に、先方に謝罪し、「あとでお送りします」と伝えます。名刺を忘れたときは、皆さんそう言いますが、実際に送る人は10人に1人いればいいほうでしょう。でも私は必ず送ります。すると先方は「丁寧に名刺を送ってくれた。すごい人だ」と感じ、私に好感を持ったり、ちゃんと名前を覚えてもらえる。結果、次から仕事がしやすくなるんです。

大坪勇二の名言|わざと名刺を忘れて名前を覚えてもらう


文系の人間は、技術をお金で買えると思っている節があるが、そうではない。技術は人の頭の中にある。人材流出がどれだけ技術力の低下を招くか、経営陣はよく考えるべきだ。

立石泰則の名言|人材流出がどれだけ技術力の低下を招くか、経営陣はよく考えるべき


一番何が楽しいかって、ガチガチにプレッシャーを感じて、勝ちに行くということ。本当に勝ちたいという気持ちで全試合をやりたい。

川﨑宗則の名言|本当に勝ちたいという気持ちで全試合をやりたい


オーナー(創業者・石橋信夫)の教えの中に、「先の先を読め」という教えがあります。世の中がどのように変わっていくか、ちょっと先を読めと。サービスのスピードが昔と全く変わっています。そういうスピードの時代に合った経営をやっていかないといけません。ずっと先だったら分からないこともありますが、世の中の変化のちょっと先をいち早く実行に移すということです。「スピードは最大のサービス」という言葉もオーナーが発した言葉です。

樋口武男の名言|世の中の変化のちょっと先をいち早く実行に移す


人間には、「つらがったり苦しがったりするほうの自分」と、「喜びと感謝で生きられるほうの自分」とがあります。心の中の、もう一人の自分を探し出して、たったいまから、どんな人生に生きようとも、矢でも鉄砲でも持って来い、俺の心は汚されないぞ。俺の心のなかは、永久に、喜びと感謝でいっぱいなんだ、という気持ちで生きてゆかれれば、その結果、どうなるか。事実がきっと、あなた方に大きな幸福という訪れでもって、お応えすると思います。

中村天風の名言|どんな自分で在りたいかを選択することが大切


良い関係を維持するためには、時間と努力を惜しんではいけません。常に自分の欲しいものが手に入ると思ってもいけません。

クルト・ボックの名言|良い関係を維持するには


他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある。

鈴木敏文の名言|他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある


いいサービスを提供してさえいれば、利益はついてくるものですから。とにかく、もっと家事代行サービスを大勢の人に使ってもらって、喜んでほしい。それが経営者としても、人間としてもまったく同じ、私の夢なんです。

高橋健志の名言|いいサービスを提供してさえいれば、利益はついてくる


先行企業に競合企業がすぐに追随する競争激化の時代には、常に一歩早く踏み出し続けない限り、勝ち抜くことはできない。

柄澤康喜の名言|常に一歩早く踏み出し続けない限り、勝ち抜くことはできない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ