サム・ウォルトンの成功するビジネスを築く10カ条

このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・ウォルトンの成功するビジネスを築く10カ条
【ルール1】自分のビジネスに専念する。
【ルール2】アソシエート(従業員)との利益を分かち合う。
【ルール3】パートナー達への動機づけをする。
【ルール4】パートナーに対してはすべて公開する。
【ルール5】アソシエートへの賞賛と感謝をふんだんに。
【ルール6】成功の祝福する。
【ルール7】社内の声を大切にする。
【ルール8】お客の期待を越えよう。
【ルール9】経費を抑制しよう。
【ルール10】逆流に向かって進め。


サム・ウォルトン の経歴

サム・ウォルトン、米国の事業家、世界最大の小売企業ウォルマート創業者、地域を絞った戦略的出店(ドミナント方式)を行い、一気に店舗を拡大。流通・情報システムを作り上げ商品を卸して売るということに留まらない小売企業形態を完成させる。米国経済誌フォーブス長者番付で1985年から88年まで世界一に輝く。奨学金制度や慈善寄付などにも尽力

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者にとって一番大事なのは勘ですよ、勘、この勘が働くかどうか。聞いたってうまくいかないじゃないですか。市場の声を聞けばうまくいくというのなら、誰にでもできる。自分でやらないと仕方ないし、相談したって駄目。問題は経営者の器量でしょう。すぐ誰かに聞いたってできません。僕も誰にも聞かないし。

アイデアがあるのならやってみなよ。10人に聞いてみて駄目だったらまたやり直せばいい。

経営者の長たる者の心構えとしては、第一に「英知」、第二に「経験」、第三に「決断力」の三つが必要ではないかと思います。

祖父の社訓は、あくまで祖父のもの、決してぼくのものやない。

世界二千年の歴史を振り返ると、守りだけでも、攻めだけでも勝利したためしはない。時に守り、時に攻める。ある方面は守り、ある方面は攻めるのである。そのタイミングこそが重要だ。【覚書き:特別顧問時の発言。大本営参謀として過酷な状況で指揮を執ってきたことを踏まえて企業経営について語った言葉。】

例えば、誰かがキミに頼み事をしてくるとしよう。まず、絶対にノーとは言わないことだ。応えられないことがわかっていてもだ。なんらかの利益をもたらしてやれば、それ以降、彼はキミに協力的になるはずだ。

商売の利潤というものは、追求するものではない。利潤は、その事業が社会に貢献することによって社会から与えられる報酬である。

ページの先頭へ