金子和斗志の名言|経営理念の確立と浸透こそ、企業発展のカギ

成功する企業の絶対条件として挙げられるのが、経営理念の確立です。事業を始めたころの私は、理念が企業経営の根幹になるとは信じていませんでした。しかし今、成長の段階に入って痛感しています。「経営理念の確立と浸透こそ、企業発展のカギである」と。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い人たちの多くが、ほどほどの人生を送っているのは、大人がそうしたゆるい環境を与え続けてきた結果です。それは、大人の責任です。もっとプレッシャーを与え、そのプレッシャーの中で過ごさせ、必要なサポートをしながら達成感を味わわせる。それが大切。

みんな「集中力ないな、どうしたらいいんだろう?」という時、ビジネス書なんかに頼りがちでしょう。でも、ボヤく前に体を動かそう。気力よりも体力こそが集中力をつける第一歩になるから。

私は基本的にネガティブで自分に自信があるわけではありません。だから、自信がない分、自分がいろいろな現場に行って、なるべく多くのことを自分の目で見て、感じ取るように心掛けています。

私は多くの人から「優れた計画の立て方を教えてもらえませんか」と相談を受けますが、話を聞くと多くの場合、計画以前の問題で、目的や最終目標が曖昧だったりする。段取りの最初に考えるべき、「ゴール設定」が正しくできていないことが実に多い。

特に大事にしてほしいのは、若い人たちとの関係です。「上司と飲むより部下や若い人たちと飲め」と人にはよくアドバイスしています。上司なんて自分より先に会社を出ていきますから、皆さんの再就職の力にはなってくれない。ところが部下や若い人たちは、皆さんが定年になるころに会社で偉くなります。

将来性があるのに過小評価されている資産や事業というのは、まさにチャンスの芽なのです。

理詰めで迫られたのでは相手は反感をおぼえます。主張するにはデータや知識が必要ですが、話し方やそのタイミングなど、全方位で気を配らなくてはならない。

二輪戦車の優秀な御者はその技能によって黄金と名声を得ることができる。だが、その人にイチジク狩りをさせれば餓死することになるかもしれない。誰もあなたに取って代わることはできない。このことを悟りあなた自身でありなさい。

企業のトップとは社会のリーダーだからです。これからの社会をつくっていく立場にあるリーダーだからこそ、真剣に考えていただきたい。

もし「僕は二年間、マーケティングをやったから、早く商品開発を担当させろ」という社員がいたら、まずは目の前のマーケティングの仕事を地道に頑張って、市場調査のデータをきちんと分析できているか、モニター調査で質問の仕方は適正か、そう自問しながら、地道な仕事をコツコツとこなしていくべきでしょう。そうすれば、上司や関係部署からの信頼も構築され、自ずと「あいつにやらせてみよう」という話になります。

ページの先頭へ