金子和斗志の名言|採用後のミスマッチを回避するために時間をかけて面接する

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒の場合、当社には約2000名の応募者があります。1次試験から絞り込んで6次、場合によっては7次面接まで行います。それだけ回数を重ねるのは、ミスマッチを避けたいからです。回数も多いのですが、一回当たりの面接時間もたっぷりとります。


金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「文句を言うのなら、まずはやってみてから」モチベーションを高く保つには、この精神も不可欠だと思います。普段からそういう姿勢を見せていれば、周りもあなたの改善提案に耳を貸してくれるようになるはずです。

組織の力を合わせて、SDA(永続する競争上の差別化)を表現できるかが重要です。これが簡単にはできない。自分たちの資源というものを、投資を厭わずしっかり育て、ほかと違う絶対に負けないものを出していけるのかどうか、それが将来の決戦に勝つ道だと考えています。

学校の成績は非常に悪かったし、勉強は嫌いでした。でも勉強以上に嫌いなのが遠回りと、無駄なことです。気合だけの勉強継続は絶対無理。大嫌いなことをいかにしなくて済むようにするかを日々考えています。

我々が経営的にもっとも重視しているのは、「ヤマト運輸はお客様が喜ばれることを提供し続ける」という理念を、あらゆる機会を捉えて発信し続けるということです。

彼らは泣いていました。私も思わず涙がこぼれました。事業は人であるということを、このときほど痛感したことはありませんでした。
【覚書き|アメリカのミシガン・スティール・プロセッシングに出向し経営再建を成し遂げ、住友商事に戻ることになったときを振り返っての発言】

子どもたちの心をつかむためには、第1に、子どもたちの意見や反応をしっかり聞いたり観察すること。第2に、子ども各人の長所を見出し、ほめてやること。子どもは自分が見つめられていることに喜びを感じるものだからである。

兵隊と将軍では読む本が違います。仕組みをつくる側に回らないと将軍にはなれません。年収1500万円と800万円以下は仕組みをつくれるかつくれないかの違いです。この違いは大きい。年収800万円と500万円の差は、頑張る度合いでしょう。

ページの先頭へ