金子和斗志の名言|採用後のミスマッチを回避するために時間をかけて面接する

新卒の場合、当社には約2000名の応募者があります。1次試験から絞り込んで6次、場合によっては7次面接まで行います。それだけ回数を重ねるのは、ミスマッチを避けたいからです。回数も多いのですが、一回当たりの面接時間もたっぷりとります。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

従来の延長線や改善も大切ですが、一番大事なのは、今までになかったことへのチャレンジです。

敗北や失敗にどう向き合うか。それが人間や組織のその後に決定的な影響を与える。

任せるということは、この人ならうまくやるだろうということを前提として任せるんです。無責任に任せるんじゃないのですから、いかんなと思うときには口で言ってやらねばいかんです。

オリンピックに出るような選手は子供の頃から強く、注目されていた人が多い。でも私は、ずっと弱かった。体は小さく、力もそれほど強くない。そうした中で、どんな柔道をしたらよいのか、いろいろ模索してきました。

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。

株を買うときに重要なのは企業の本質を見抜くこと。どうすれば企業の本質がわかるのか。まず、経営者の著作やインタビュー記事を読み、それと実際の経営とを見比べてみればいい。言行一致ができていない経営者の企業は、永続的な価値を生み出すことは不可能だ。

単に会って話せば信頼関係を築けるものではありません。あの頃意識していたのは地べたに座って同じ目線で話すことです。
【覚書き|名古屋営業所時代、住宅建築の職人さんたちとの人間関係をつくっていった時代を振り返っての発言】

創業家でないとできないことはたくさんあるが、自分はサラリーマン。消費者に一番近いのが現場なのだから、主権は現場にあるというスタンスをとる。

依頼メールは「お手数ですが」のひと言が大事です。メールの最初にそういったクッション言葉がないと、受け取った相手は嫌な気持ちになるものです。自覚はなくても「職務上当たり前のことを頼んでいるんだ!」という居丈高な態度にうつってしまいます。

焼き鳥屋というと、競合が多すぎてオリジナリティが出しづらい。そこで考えたのが、串に刺さない烏業態でした。そこから生まれたのが、骨付き烏や唐揚げとハイボールをミックスさせた業態です。

ページの先頭へ