金子和斗志の名言|母の教え

あるとき母から、「一度進出してから撤退することほど、その地域に迷惑をかけることはないから、よくよく考えなさい」とクギを刺されました。以来、さまざまな側面から検討に検討を重ね、十分に吟味してから進出を決めるようにしています。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できれば華麗でうまいスーパープレイヤーになりたいですよ。そのほうが気分もいいですから。でも、下手だったから、諦めが悪いというか、次への渇望、もっとうまくなりたいという欲望がうまれ、さらに挑戦していくという力に変わっていったとしたら、下手くそでよかったのかなと思います。

中山雅史の名言|下手だったから、もっとうまくなりたいという欲望がうまれた


文化を楽しむついでに買い物をして、食事も楽しんでいただく。そうしたことが複合して、訪れたいと思う街になるのです。商業施設などハコモノができただけでは、1回見ればよいと思われてしまいます。文化度をさらに上げることが、より多くの方を街に呼び込む上で重要です。

野本弘文の名言|文化度をさらに上げることが、より多くの方を街に呼び込む上で重要


経営学でも、早いうちに失敗を重ねた組織のほうが、中長期的には成功するという研究成果がある。

入山章栄の名言|早いうちに失敗を重ねた組織のほうが、中長期的には成功する


経営には数字が大切です。うちでは25年前(90年代初期)からコンピュータシステムを導入して、前日の各店舗の売上、損益が朝8時までに全部、見られるようにしました。しかも対前年比でわかります。本社ビルはご覧のとおりボロボロです。ビルはカネを生みません。しかし、コンピュータにはカネをかけました。

大東隆行の名言・格言|本社ビルはボロボロでも、会計システムにはお金をかける


新規事業が成功するかどうかは、失敗の数で決まる。

平岡昭良の名言|新規事業が成功するかどうかは、失敗の数で決まる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ