金子和斗志の名言|若くても大丈夫

私自身、20代のとき両親が経営するビジネスホテルの責任者を任されました。社長に就任したのは29歳のときです。最初は、「こんなに若くて社長なんて、ありえない」と思いましたが、結果的にはやれたのです。「年齢や経歴なんて関係ない。意欲と向上心さえあれば、どんなことでも為し遂げられる」という私の人間観は、このとき培われたものです。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーには知力や体力も必要ですが、一番大事なのは胆力。胆力は修羅場で養われる。

小濵裕正の名言|一番大事なのは胆力


シンボルマークをつくれば、何よりも当事者がうれしいし、参加者にも伝わりやすい。

糸井重里の名言|シンボルマークをつくる効果


いま、様々な会社で働くビジネスマンも、それぞれの業界の伝統に支えられている。

小宮康正の名言|伝統に支えられている


僕はサラリーマンの給料というのは、「我慢料」ではないかと思っているんですよ。やりたくもない仕事をやっている対価として、給料をもらっている。もちろん、なかには好きな仕事を楽しくやっていて、そのうえ給料までもらっているという人もいるだろうけど、それはごく少数。その状況は、昔もいまも、基本的には変わっていないと思うんですね。

田原総一朗の名言|サラリーマンの給料は我慢料


相手に何かを尋ねるメールでは、聞きたいことを整理して相手が答えやすくすることも大切です。返事を急ぐときはとくに、イエス・ノーで答えられる質問にすることです。自由記述式の答えを求める場合も「○○のサイトについてアドバイスをお願いします」といった大づかみな質問よりは「サイトの色使いについて意見をください」や、「文字の見やすさについてアドバイス願います」とポイントを絞り込んだ質問の方が、相手も返事をしやすくなります。

平野友朗の名言・格言|質問は具体的に絞り込んで行う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ