金子和斗志の名言|若くても大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

私自身、20代のとき両親が経営するビジネスホテルの責任者を任されました。社長に就任したのは29歳のときです。最初は、「こんなに若くて社長なんて、ありえない」と思いましたが、結果的にはやれたのです。「年齢や経歴なんて関係ない。意欲と向上心さえあれば、どんなことでも為し遂げられる」という私の人間観は、このとき培われたものです。


金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商談では相手に何をしてほしいのかを事前によく考え、それを冒頭で伝えることがとても重要です。新商品を買ってもらうのでも、なぜ買ってほしいと思うのか、その理由を明確にすることで相手に強力なインパクトを与えることができるようになります。

メダル稚得が厳しくても、やっぱりあきらめたくない。前に進みたい。そんなふうに改めて自分の気持ちに正直になった時、「人の期待に応えるのはもうやめた。僕のことは放っておいてほしい。自分のためにやらせてもらう」と決めました。誰のためでもなく、自分のために競技をすれば、一時は嫌いになったスキーを、もう一度好きになれるとも思った。

入院生活で私が得たものは、人間は限界状況にならないと前身・進歩しないという結論でした。人間は本来怠惰なので、ギリギリのところで外から背中を押されないと、新たな一歩に踏み出したり変わったりできないもの。そこで私は、「自ら限界に追い込む」ことが大切だと考えて、この言葉を座右の銘のひとつとしたのです。

もし、日ごろの小さな出来事に困難を感じる人がいるなら、その困難を取り除くよりも、自分の目標について考えてみるべきではないでしょうか。

研究は、最初から社会の役に立つようにしようと意識しすぎると、浅いものになりがちです。みんなが実用化間近の研究ばかりやりだすと、将来のイノベーションの芽が摘まれてしまいます。

仕事や勉強が計画通りに進まないときは、問題点を紙に書いて顕在化させる方法が有効です。人間の思考は各駅停車ですが、環境は快速電車です。なんとなく行き詰まりを感じ始めると、論理を一気に飛ばして、不安や面倒くささだけがどんどん膨らみ、それがやる気や集中力を奪っていきます。感情の快速電車を止めるには、問題点や解決までのプロセスを紙に書くことで、思考の世界に引き戻してあげればいいのです。問題点がスッキリすると、こんなつまらないことで悩んでいたのかとわかることが多いものです。

僕自身は、どんな仕事でも楽しめるという自信があります。高校時代、建築現場の作業やスーパーのレジ打ちなど、学生がするようなアルバイトは一通り経験しましたが、僕はどれも楽しむことができました。荷物をひたすら積み上げる単純作業だって、頭の中で歌を歌いながらリズムに合わせて動くようにすれば、きっと楽しくなる。どうせ仕事をするなら、楽しむ方法をその都度考えれば楽しくなるし、時間もあっという間に過ぎていきます。自発性があれば仕事は楽しめます。

ページの先頭へ