金子和斗志の名言|各部門で経営マインドが根付けば利害が対立することはない

厨房にかぎらず、営業、衣裳、また間接部門も、当社の幹部は同様の経営マインドを持ち、それが組織に浸透してきました。したがって今、部門間で利害が対立するというような状況は、ほぼ起こりえなくなっています。このことが社内の風通しをよくし、アイデアや意見を出しやすい雰囲気を醸成していると思います。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は現在、北米のシステム業界では40位くらいの規模です。これでは、大手の顧客から声がかからない。技術力の問題ではなく、顧客がまずドアを叩いてくれるかどうかの問題。それはブランド力や認知度の有無に大きく左右されます。

顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。

精一杯、自分のできることを積み重ねていくと、そこには信頼の山ができているはず。

思考を深める作業も大切です。何かを思いついたときに一度立ち止まってしっかり考える。ここで消化しておかないと次に進んでも無駄です。

大きなイノベーションを生み出すためには、リーダーの構想力が必要となります。小さなイノベーションを大きなイノベーションに変えていくデザインカ、プロデューサーとしてのリーダーが求められています。

私は、「すべての発想は現場から」という言葉を、社員にいっています。とくに、現場を大切にする姿勢を、意識して部下に伝えてほしいですね。

哲学は1人で小難しいことを考えるものだと誤解している人がいますが、そうではありません。例えば、古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、街角で見知らぬ若者と話をすることで哲学をし、社会を変えようとしました。ですからまずは、立ち話でも酒の席でもいいので、自分たちの社会について話してみてはどうでしょうか。カントやヘーゲルを持ち出さなくても哲学はできます。

現在の日本は二極化が進んでいます。ごく少数の上流と圧倒的な多数の下流。これではいけない。「知的上流・経済中流」という層を増やし、その生活の質を向上させることが必要です。

当社の担当部門も先方さんと開発では、侃々諤々で激しくやりあいました。お客さん側のニーズというのは大事だし、新素材開発でお互いに妥協しない。だから、いいものが出来た。
【覚え書き|他社との共同開発について】

組織が大きくなるにつれ、官僚的になってしまった。そして、スピードが遅くなりました。今後は、とにかく意思決定を速くすること。「走りながら考える」というヤマトのDNAを改めて肝に銘ずるつもりです。

ページの先頭へ