金子和斗志の名言|各部門で経営マインドが根付けば利害が対立することはない

厨房にかぎらず、営業、衣裳、また間接部門も、当社の幹部は同様の経営マインドを持ち、それが組織に浸透してきました。したがって今、部門間で利害が対立するというような状況は、ほぼ起こりえなくなっています。このことが社内の風通しをよくし、アイデアや意見を出しやすい雰囲気を醸成していると思います。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャンスは決して「これはチャンスですよ」という顔をして出てくるわけではない。大きな困難として現れますが、それを克服するからチャンスになる。

小嶋淳司の名言|チャンスは大きな困難として現れる


自分が与えられた地位でこれまで成功できたとするならば、それは何よりも父の知人たちの引き立てのおかげだ。

J・P・モルガンの名言・格言|成功できたのは父の知人たちのおかげ


何百本とゲームが出ても、その中で大ヒットは数本です。事業も同様でしょう。何百という事業が出てきますが、その中で当たる事業はすぐ数字に表れます。そのため、当たらない事業に注力しても変わらないのです。分からないのは、その事業を考えた自分だけです。

福嶋康博の名言|当たる事業はわずか


仕事の知識や流れなど、教えてもらった内容を鵜呑みにせず、徹底して考えるということが重要です。一生懸命に考え抜き、自分の腹に落ちればそれでよし。腹落ちしなかったら「私はこう思いますが、どうですか?」と提案してみるのです。これはどの部署でも応用できます。

内永ゆか子の名言|教えてもらった内容を鵜呑みにせず徹底して考える


年利7%の金融商品に投資しても、倍にするのには10年かかります。ところが自分に投資しスキルを高めれば、年収をいまの20%、うまくいけば2倍以上、上げることも可能です。自己投資は投資効率が抜群に良いうえ、仕事が途絶えるリスクも減ります。

中原圭介の名言|自己投資は投資効率が抜群に良いうえ、仕事が途絶えるリスクも減る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ