金子和斗志の名言|「お客さま」とは、「自分以外のすべての人」のこと

当社でいう「お客さま」とは、「自分以外のすべての人」のことを指します。ご成約いただいた新郎新婦だけが「お客さま」ではありません。家族、友人、同僚など、周辺のあらゆる関係者がお客さまであり、またすべての人が将来お客さまになる可能性のある方々です。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あなたがコツコツと努力するタイプの人で、壁にぶち当たっている気分になっているなら、すぐに努力の種類を変えるべき。

一見して無駄に見えることでも、顧客目線の考え方に立てば無駄ではないことがあります。たとえば、来社されたお客様には必ず挨拶をするよう指導していることもその一つ。その間仕事の手が止まるわけですから、生産性だけを考えると明らかに無駄です。しかし、そうすることで好印象を持っていただき、当社のファンになってもらうメリットのほうがはるかに大きいでしょう。

ロジックとはいわば分解的なものの見方。一方、地図を読み取るのは情報を総合する作業。経営には、総合的な視点は欠かせません。地理を学んだことは役に立っていると思います。
【覚書き|趣味の地理学について語った言葉。浦野氏は玄人レベルの知識を持つ地理学愛好家】

失敗を活用してそこから何かを学ぶには、失敗の原因を理解する必要がある。

デジタルの時代というのは、オンデマンドですから、必要なときに必要な分だけつくれるんです。だからムダがなくて、マスプロダクション・マスセールス(大量生産・大量販売)のアナログ時代から、マスカスタマイゼーション(個別大量生産)の時代になった。個別対応ができる時代になった。

うちは入門テストに「一芸」があるんですよ。何をやるかは完全に任せて、「好きなことをやってくれ」としか言わない。「一芸」をどう解釈するかっていう理解力だったり、何をやるかっていう表現力だったり、プロレス頭だったり。いろんなものが問われてきます。

代理店にただ商品を卸すのではなく、売り方、提案力を提供していきます。そうすることで自前の営業部隊を持たなくても、代理店さんの提案力を強化することで、第一分野で闘っていけるのではないかと思います。会社経営の上でも販売チャネルはマルチチャネルのほうがいいですからね。

どんな大企業も同じですが、企業の強さを決めるのは何より、社員の「意識」です。「より良い製品・サービスを作ろう」「課題を一つでも解決しよう」「簡単には諦めない」という。

社員が心からの笑顔で自分の仕事に誇りを持ってお客さまに接することで、自然と業績は上がっていく。

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。

ページの先頭へ