金子和斗志の名言|お客さまの感動こそが最大の喜び

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さまの感動こそが、アイ・ケイ・ケイ社員の最大の喜びなのです。そしてこの喜びのために、社員は皆、アイデアを出し、議論を交わしながら、楽しく、本当に楽しそうにウェディングをつくりあげていってくれます。


金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

限りある人生のなかで、成果を残すために大切なのは、手段と目的を取り違えないこと。私にとって登山家からマッキンゼーヘの転身も、そして起業も、夢を実現するために逆算して選び取った手段だったわけですから。

安定感こそが一流のビジネスマンの最大の条件。納期やアポイントも同じです。約束にほんの5分遅れただけで、実害がなかったとしても、周囲には不安感をまき散らすことになります。こういう小さなことに配慮できない人は、まず成功しないでしょう。

「アテンザ」開発時、世界中からライバルになるクルマを買い集め、徹底的に試乗し、計測し、分解しました。その上で「我々の車はどこがどれだけ劣っているのか。重さか、性能か、コストか。どうすれば超えられるのか」を、要素ごとに考えた。

会社が一度決めたことを覆すのは難しいこと。でも、私は現場に出ていて、売上げが落ちた原因がわかっていたのです。その確信があったからこそ、声を出し続けました。

「専門家はしばしば理路整然と間違う」という格言が昔からあります。他人のささやきで動くのではなくて、自分の眼力を養い信じることの方がよほど役に立つはずです。

スケジュールには1週間のうち半日程度空白を確保しています。理由のひとつは優先順位の高い会合や面会を入れられること。もうひとつは予定が入らなかった際、未来の事業や戦略をイメージする時間に充てられることです。

弊社の飲み会は、上司も部下も羽目を外してしまうため、ご迷惑がかからないように屋形船で海上に出て大いに盛り上がるのです。そうした場ですら上司が率先してバカをやり、互いの胸襟を開くようにするのです。

ページの先頭へ