金子和斗志の名言|お客さまの感動こそが最大の喜び

お客さまの感動こそが、アイ・ケイ・ケイ社員の最大の喜びなのです。そしてこの喜びのために、社員は皆、アイデアを出し、議論を交わしながら、楽しく、本当に楽しそうにウェディングをつくりあげていってくれます。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々はメーカーですから、やはりお客様がドキッとするもの、ワクワクするものをつくる、あるいは飲み方を提案することが非常に重要です。そういう企業風土にしていくにはいままで通りにやっているだけでは駄目で、新しい組織をつくり、そこから新しい価値を生み出していくことも大事だと思っています。

新卒の社歴の浅いスタッフのなかには、定年制撤廃に対してモチベーションの向上につながるといった反応を示す者もいます。安定した職場づくりが求められている証しと言えるでしょう。

コミュニケーションでは、必ずしも饒舌である必要はありません。ただ、真摯で誠実でなければ、伝えたいことも伝わらない。それがゴールデン・ルール。

マーケットサーベイ(市場調査)には頼らない。「あなたは何がいりますか」と聞いてつくっていたんでは遅いんですよ。

日本の経営者の中には、儒学者や名僧を師と仰ぎ、悩みがあると訪ねていき判断を仰いだ人も少なくありません。このとき明確な答えを求めているのではなく、相談することで迷いを打ち切り、これでいこうと自らを奮い立たせているのです。

あるレストランの料理が本当においしいかどうかは、自分で食べてみないとわかりませんよね。とにかく、その場所にいって自分で感じてみる。モノを手に入れて使ってみる。人に会って話してみる、というのはとても大切なことです。私は、あえて情報から離れてみることも必要なのではと思っています。

シュートはゴールへのパスだ。

一緒に仕事をしたい相手には、ただお願いしてもダメ。「この相手と仕事をしたい」と思わせることが大事なんです。

都市開発の面でアプローチするならば、ヒト・モノ・カネを呼び込める「都市の活力」づくりが重要。

価値の劣ったものを手放さずにいると、もっと良いものが出た時に「取る手」が空いていない。その時に慌てて手放しても、もう他の人のものになっているかもしれない。

ページの先頭へ