稲盛和夫の名言|我欲を満たそうとするから、慢心が起きる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

我欲を満たそうとするから、慢心が起きる。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しいモデルというものは、案外、理解できないんものなんです。ガリレオの地動説を世間が受け入れたのは、ガリレオより上の世代が全員死んだときです。全員が死んだときに、一瞬にして当たり前のように、地球は回っているということになった。そういうものなんです。

100%の自分、いわゆる「いつもの自分」の状態こそ、本番で安定的に力を発揮できる。

会話すべてを自分の話で埋めるのではなく、意図的に沈黙をつくって、相手に入ってくることのできる隙を与えてあげるべきです。上司の方であれば「君はどう思う?」のあとに15秒くらいは黙って、部下の発言を待ってあげたらいいでしょう。

失敗とは、再始動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。私はそう信じている。

才能がある人というのは結局、努力できる人。思いついたアイデアを具現化しようと努力するかどうかが勝負の分かれ目。

経営というのは、もともと仏教用語だと聞いたことがあります。「経(仏の教え)を営む」。お釈迦さんは、人間が幸せに生きる方法を教えてくれています。それを「営む」わけですから、経営者は人を大事にする気持ちを持っていないといけないでしょう。まずはいちばん身近な家族、社員からです。

以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。

ページの先頭へ