稲盛和夫の名言|今、この瞬間が未来につながり、未来の結果を左右する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、この瞬間が未来につながり、未来の結果を左右する。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ヒットはすべて論理によって生まれます。ある製品が売れるか売れないのかというのは、常に論理を打ち立てて判断しなくてはなりません。私は長年の経験で論理を常に頭の中で組み立てます。

小売業でもフードサービス業でも、現場ですべきことは本当にたくさんあるのです。しかし、それをすべてしようとすれば、あれもこれもと、現場の人は混乱する。すべてに完璧を求めることは不可能なのだと割り切るべきです。優先すべきことに絞り込んで指示するほうが効果的なのです。

売上金入金サービスが生まれた事情を振り返ってみると、銀行の方は気付いてなかっただけで、セブンイレブンから見たら深刻な話だったわけですよね。同サービスを始める前は、何万とある店の数だけ銀行口座があったわけですよ。ところが、今は1つのセブン銀口座で集中管理できます。こういうのは流通の人から見ると普通の景色ですし、そういうものを素直にビジネスに反映してきたというだけです。

リーダーも文句や弱音を吐きたくなるときがあるもの。そんな状況で毅然とした態度をみせることが出来るか。資質が問われる大事なポイント。

人に信頼されない典型的なタイプを2つ挙げると、ひとつ目は連絡がなかなか取れない人。大事なときにどこにいるのかわからない、携帯電話でもつかまらないというような人は、仕事ができるできない以前に、パートナーとなり得ません。2つ目は、こちらの時間を平気で奪う人。自分の都合ばかり優先して、相手のスケジュールには無頓着。いきなり「明日までにこれをやっておいてください」というような依頼の仕方をするような人は、いくら信頼してほしいと言われても、それは無理というものです。

「整理」とは言っても、大きく3つのステップに分かれます。まずは「減らす」。次に「整理する」。最後に「維持する」。

歩合給や昇進は、自分を高めるための手段としてわかりやすいので取り入れています。しかし目的にはなりえません。人が働く目的は、仕事を通じて、エレベーション(自己研鑽)を試みることに尽きます。

情報のアンテナをあちこちに張っておくと、たとえば海外のニュースを観ているときに、「この国では、なぜこんなことが起きているのか?」「日本では、なぜ起きないのか?」と思うようなことがあるはずです。そこで、その国と日本との前提条件の違いを考えてみる。これが思考のトレーニングになります。

人は、自分の仕事を通して人から感謝されることで喜びを感じる。

今日では複合的なビジネスを持っていることが助けになる。優れた事業が、苦戦している事業を埋め合わせるからだ。事業の多様化は今日のグローバル経済では真の強みになる。

ページの先頭へ